Nexus7でAndroidとUbuntuのデュアルブートPt.3

Canonicalによるスマホ向けUbuntu発表に新年早々びっくり、飲んでいたどぶろくを吹き出しそうになりました。

http://techwave.jp/archives/51775041.html

さらに、WebOSのNexus7への移植のニュースもあり、しかも既存のシステムを削除する必要なく試せそうとくれば、酔った勢いで導入してみたくなります。

Open webOSがNexus 7に移植される(動画あり)

自分が調べたときには、ビルド方法がちょうど公開されていました。

試用の手順を記載したページには、事前に注意書きを読むことを促すためでしょうか、他所でのイメージ等への直リン禁止、手順の説明禁止、他人に教えたいならURL http://testing-n7.webos-ports.org だけを使用してこのページに直接誘導しなさい、とあります。

とりあえず指示に従って、結果だけ書きますと、Ubuntu 12.04以外でのビルドは未検証とのことですが、昨晩 寝る前に12.10でビルドを開始させ放っておいたところ、今日の午前中、イメージが無事に生成され、Nexus7でWebOSが起動しました。

しかし、動作が不安定、bluetoothがオンにならない、ステルスSSIDのWifi接続を手動追加できない、等々あり、時間をかけてビルドしても、ちょいちょいと5分ほどいじってお終いになってしまうかな。

まだAlpha以前の段階ですね。

ノートやデスクトップにLinuxを導入する際のドライバの問題は今では相当改善されましたが、モバイル機器分野では再び悩みそう。

コメントする

Nexus7でAndroidとUbuntuのデュアルブートPt.2

Bodhi LinuxというUbuntuベースのディストロが試験的にNexus7用のイメージを発表したらしい。

http://jeffhoogland.blogspot.nl/2012/12/bodhi-armhf-alpha-for-nexus-7.html

配布されている boot.img の中を見ると、http://hwe.ubuntu.com/uds-r/nexus7/ の boot.img と全く同じ様なので、現段階ではこのUbuntuのrootfs.imgをベースにアプリの構成等をいじっただけかな。

Multirom v2はこのUbuntuのboot.imgに手を加えたものを同梱しているので、試したら Multirom v2 でAndroidとこのBodhi Linuxのデュアルブート可能。

Nexus7向けUbuntu 12.10のUnityは重かったけれど、同じ12.10なのに Enlightmentを採用する Bodhi は軽い操作感でした。

Enlightment いいですね。小さいタッチ画面だと、現段階ではUnityよりこちらの方が操作しやすい。Enlightment も進化を続けてたんですね。

Compizが登場する前は、ド派手なLinuxデスクトップを目指す=Enlightment導入、だったんじゃないかと思います。

そのEnlightment、10年以上の開発版を経て、先週ついに公式リリースされたニュースが…

http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=MTI1OTI

Unityの方のニュースはというと、シャトルワース氏が語った2013年の目標に関して。

http://www.markshuttleworth.com/archives/1221

Ubuntuとしては、テッキーな一部の人のためだけじゃない、広く一般の誰もが利用できるプラットフォームを目指す、だから皆が毎日行いたいと望むコンピュータ利用に関わることが大事、

そしてそれはモバイル分野、2013年はモバイルでのUnityに注力するぞ、と宣言。

Ubuntu for Nexus7 はその一環なわけですね。

Multiromが v2 から v3 に更新され Ubuntu 13.04 & USBブートに対応したので導入してみたのですが、もっぱらデモ用だった12.10 ベースのものよりUnity の動作が軽くなってました。

Unityの見た目に変更が加えられるのは13.10開発サイクル以降になると思うんですが、期待が膨らみます。

Multirom v3ではUSB接続の外付けHDDのファーストパーティションにインストールしたNexus7向けUbuntu 13.04があっさり起動。

ついでに TWRP で現在の自分のAndroidのバックアップ(boot, system, data)を取って、Multiromから外付けHDDのセカンドパーティションにインストールしたら、こちらも問題なく起動。

ということは、Ubuntuに加えて、今使ってるNexus7のAndroid環境をブート可能な状態でUSBメモリに入れて持ち歩ける。

持ち歩けるからなんなんだ?と問われると困るけれど、困っているうちに、Mer OS ベースのNexus7向けイメージも近いうちにMultiromに対応するかもしれず、持ち歩けるOSの種類はどんどん増えそう。

http://ruedigergad.com/2012/12/21/plasma-active-for-nexus-7-running-the-touch-optimized-plasma-active-linux-distribution-on-nexus-7/

コメントする

Splashtop Streamer for Linux を試したら…

自分のWindowsデスクトップにはSplashtop Streamerを入れていて、Android端末のSplashtopクライアントからデスクトップを操作できるように一応してあるのですが、

Linux用、現段階では Ubuntu 12.04向けの Splashtop Streamer の提供がようやく開始されたそうなので、オープンソースではないプログラムをシステムに入れることになるものの、飛びついてみました。

http://www.splashtop.com/ja/home

12.10だとライブラリのバージョンが合わなくて使えないという話が出てるのを見たので、12.04環境が無い場合はStreamerのアップデート待ちになるかもしれません。

前投稿に書いたように Nexus7でAndroidとUbuntuをデュアルブート出来るようにはしたんですが、Ubuntuの動作が遅いので、正直言って今のところ常用できる感じではないんですよね。

それと比べてリモートデスクトップだと果たしてどうなのか。

.debパッケージをインストールして起動させ、表示される使用許諾要項に同意すると、Pythonで書かれたらしきEメールアドレスとパスワードを入力してログインするシンプルな画面が出ます。

Windows – Android のためにSplashtopのアカウントは作成済だったので、それを入力してログインボタンを押すと、SRFeatureというプロセスがスタート、これでリモートデスクトップの準備が整いました。

試しに Nexus7に入れてあるSplashtop2 HDからUbuntuデスクトップを操作してみると……Nexus7にネイティブインストールしてあるUbuntuよりはるかにキビキビ…

いや、まぁ、しかし、シャトルワース氏はモバイル端末からTVに至るまでUnityが有用であることを14.04で示すという目標を立ててるらしいですから、パフォーマンス面もどんどん磨きこまれていくはず。

ネイティブインストールならWifi/3G/4Gが圏外の場所でも使える。ARM向けにコンパイルされたADBやFastbootが使える。

つまり、Nexus7のUbuntuを使っていつでもどこでも別のNexus7にUbuntuをインストールできる大勝利 v( ̄Д ̄)v

コメントする

Nexus7でAndroidとUbuntuのデュアルブート

UbuntuがNexus7をサポートしたニュースを知ったときは喜んだんですが、ROM全体を書き換えなきゃいかんということで導入をためらいました。

USBブートできてAndroidと使い分けが可能になったら気軽に試せるんですけどね。

なんて思ってたら、複数のAndroidROMやUbuntuとのマルチブートを可能にする実験的ROMがXDAで公開されてました。

[EXPERIMENTAL] MultiROM v2

Android 4.2にアップデート済みのNexus7 16gb版に導入したところ、AndroidとUbuntu双方の起動は確認できました。

Nexusの電源を入れるとMultiROMのメニュー画面が現れて、まるでGRUBのように起動するOSを選ぶことができます。これは感動!!!

USBブートにも今後対応予定とか。ありがたや、ありがたや。

AndroidとしてのNexus7は素の状態でもキビキビ動くんで、Root取ろうとかカスタムROM導入しようとか思わないんですけど、Ubuntuの方は色々いじり甲斐がありそうです。

Nexus7向けUbuntuには既知の問題が結構あるみたい。

Nexus7: What Kind of Bugs Are We Seeing the Most?

実をいうと、デスクトップの方はまだUbuntu12.10にアップグレードしていなので、自分のところではGoogle Nexus7が最初のUbuntu12.10機となってしまいました。

Unityランチャーにいつのまにか Amazon アイコン…

Comments (3)

米と麦

今年は震災の年だけれど、個人的には祖父が他界した年。

とうとう自分の祖父母が全員いなくなってしまったので少し寂しい。

数日前、祖父の墓がある寺の近くの酒屋に寄ったら、店の親父さんが今年の新酒を試飲させてくれた。

なかでも気に入ったのは、震災で酒蔵から私財から何もかも津波で流され壊滅的被害にあったという岩手県大槌町赤武酒造さんが他の醸造所を借りて復活させたという「浜娘」。

後から来る旨みがすごいじゃなイカ!!

赤武酒造、復興計画始動!

今日が正式発売日ということで、その酒屋にて購入。

飲んだら、映画「おくりびと」で、俳優の山崎努がフグの白子を食べるシーンが思い起こされた。

「死ぬ気にならなきゃ、食うしかない。」「食うなら、うまい方がいい。」「うまいんだよなぁ。困ったことに。」

祖父との最後の旅行は昨年行った福島で、最後に一緒に酒を飲んだのも、その旅行で立ち寄ったアンナガーデンというところで醸造されてる福島路ビールを飲んだのが最後。

というわけで、これも開栓。

福島路ビールの「米麦酒」

福島の米と酵母を使用したビール。

機会があったら、藤原敏史監督のドキュメンタリー映画「No Man’s Zone 無人地帯」を観てみようかと思う。

近所のフランス人学校の子たちは今日も元気に登校してる様子。科学的姿勢。

フランス繋がりでいうと、Cairo-Dock の開発版はGTK3にポートされたらしい。でもGTK2でもビルド可能だよと。

コメントする

Catalyst 11.10(fglrx 8.902)を試すも…

10月31日にAMDがLinux向けのドライバの更新版をリリースしてたそうなので、期待して試しました。

ところが、Gnome-Shellでのモッサリ感というか、「アクティビティ」画面に遷移したときのウィンドウのズームアウトがカクカクした感じなのはあいかわらず。

ツールチップの表示は崩れなくなったようだけれど、画面右下のシステムトレイの表示にはまだ問題あり。

ひょっとして Gnome-ShellやClutterその他Gnome3関連のパッケージをできるだけ最新にしたら改善するのかな? と思い、Ubuntu公式リポジトリのパッケージに替えてPPAからのもの(Gnome-Shell 3.2.1+git20111031など)に入れ替えてみてもモッサリ感は変わらない。

というわけで、再びオープンソースドライバに戻す結果となりました(泣)

Phoronixの人は Catalyst11.11beta版、fglrx 8.91.4 を使って AMD FirePro V4900 のベンチマークをリポートしてるけれど、それよりベータ版ドライバでのGnome-Shellやその他でのデスクトップ操作感を教えてくれると有難いのだけれどなぁ。

ほんのちょっとだけ良いニュースなのは、Google Chromiumに携わってるエンジニアが Catalyst11.12相当と目される fglrx 8.92 ドライバの提供をすでに受けていて、fglrx 8.92以降から Chrome/Chromiumブラウザでハードウェア支援が効くようになりそうなことくらい。

AMD Catalyst 11.12 Will Be Even Better

期待せず待つのが吉。

Comments (1)

Ubuntu 11.10 Unity でのトレイアイコン

個人的備忘録がてら。

Gnome2 デスクトップ環境から Gnome3 環境になってデスクトップの詳細な設定がこれまでの gconf から dconf に移行していってるようなので、gconf での gconf-tool2 コマンドやGUIツール gconf-editor にあたるものをチェック。

gsettings コマンドというのが用意されているらしいんだけれども、設定内容全体をパッと見渡してみたいので、GUIツールの dconf-editor を導入することに。

dconf-editor は dconf-tools というパッケージをインストールすれば入れられるとのこと。

$ sudo apt-get install dconf-tools

で、dconf-editor を実行すると、設定エディタのウィンドウが開いて、色々興味深い設定項目がずらずら並んでいるわけだけれど、

desktop → unity → panel に進んでみたら、systray-whitelist なる設定項目を発見。

まさかと思って試しに設定値を all に変更したうえで、デスクトップを一度ログアウト。

再ログインしてUnityデスクトップ上で easystroke のようなアプリを起動させたら、表示されなくて困ってたアプリのトレイ・アイコンが画面上部のパネル右側にちゃんと表示されるじゃありませんか!

どうも Ubuntu 11.04 からこんな感じだったらしいんですが、11.04 はほとんど触ってなかったもので、今頃気づきました…

Gnome-Shellデスクトップを使用してる場合はこういうことする必要はないんですけどねぇ。

とはいっても Gnome-Shell の方でも、システムトレイが普段画面から隠されてて、マウスを画面右隅に持っていくとスライドアップ表示されるっていうのがわかるまでにしばらくかかりました…

gsettings コマンドを使って systray-whitelist の値を all にするには、

$ gsettings set com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist "['all']"

追記来年4月リリース予定の Ubuntu 12.04 Precise Pangolin の Unity では、whitelist に特定のアプリを個別に追加する方法のみが認められ、 all が使えなくなるかもしれません。

Unity:

– It seems that starting with Precise, you won’t be able to re-enable the whole systray (“whitelist all”), but only allow whitelisting specific apps,

Expected Changes In Ubuntu 12.04 Precise Pangolin (UDS-P In Brief)

Ubuntu 11.10 Unity でのデフォルトに戻すにはたぶん

$ gsettings set com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist "['JavaEmbeddedFrame', 'Wine', 'scp-dbus-service', 'Update-notifier']"

たぶん、というのは、デフォルトの値を覚えておかずにいきなり all に変更してしまったから。

なので、変更前にまず以下実行などで値を覚えておくのが賢明でしょう。

$ gsettings get com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist

追記dconf-editor のキーの編集画面の右隅に「Set to Default」というボタンがあって、いつでもデフォルトの設定値に戻せますね。さらに、gsettingsコマンドや dconfコマンドには reset が用意されてるので何も心配いらなかった。

$ gsettings reset com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist または $ dconf reset /desktop/unity/panel/systray-whitelist

特定のアプリを付け加えたいだけなら、例えば easystroke を加えたいだけならば

$ gsettings set com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist "['JavaEmbeddedFrame', 'Wine', 'scp-dbus-service', 'Update-notifier', 'easystroke']"

gsettings コマンド以外にも dconf コマンドでの設定変更もできる感じ。

$ dconf write /desktop/unity/panel/systray-whitelist "['JavaEmbeddedFrame', 'Wine', 'scp-dbus-service', 'Update-notifier', 'easystroke']"

うーん、よくわからんけれども、Unity でわざわざ whitelist を導入してるのは、従来のシステムトレイとUnityのインジケータの両方に対応するアプリでアイコンが二重に表示されてしまうのを防止するためなのかな?

コメントする

Older Posts »
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。