Archive for 5月, 2008

Ubuntu 8.04 の Compiz-Fusion の翻訳 pt2

Compiz-Fusion 0.7.6 が先日リリースされました。

ところで、以前の投稿で Ubuntu 8.04 の Compiz-plugins パッケージに含まれるプラグインが翻訳されていないことについてその原因を取り上げ、Launchpad にバグ報告した旨を書きました。

別に日本語だけの問題ではないです。他のロケールの Ubuntu hardy ユーザーにも一応確認を取ってみましたし。

で、結局反応がないうちに、いつのまにか Ubuntu の compiz のパッケージにマイナーな更新が来てたんですが、残念ながら翻訳の問題は修正されてませんでした。

今回 0.7.6 がリリースされたので、近い内に Ubuntu のパッケージもまた更新されるかもしれないし、そのときこの問題がまだ解決されなかったとしたら、三大ディストリで Ubuntu hardy だけが未翻訳の多いディストリビューションになってしまうってなわけで、再度バグ報告したんですが。。。

メンテナさんにいわせると、XML から読むから CCSM は処理が遅いんだと、CCSM のバグなんであって CCSM が .mo ファイルを読み込まないのが悪いんだとのこと。

うーん、しかし同じ原因で compiz-gnome パッケージの各プラグインの .schemas ファイルに翻訳文字列が記載されてないから gconf 設定エディタ上でもプラグインのオプション項目が未翻訳状態なんですよね。。。

仮に CCSM のほうが改善されるべきとしても、修正されるかどうか自体わからん現状ですし、メンテナさんが .po ファイルをへたにいじらずに普通にコンパイルしてパッケージを製作すればとりあえず問題は解決するんですけど。

仕方ないので折を見て CCSM の開発に携わってる人にこの問題を振ってみるかもしれません。でも結局 gconf 設定エディタ上の問題が残る。。。

まぁ問題といっても、そもそもへたな日本語訳より英語のままの方がマシという人が多いかもしれませんが。。。

コメントする

Ghost Dock

独学Linuxさんのサイトで Compiz-Fusion の Ghost プラグインの紹介がされてました。

思えば自分は Compiz を試すためだけに初めて Linux に手を出し Ubuntu Gutsy を導入することにしたんです。しかし Compiz を有効にするところから完全につまづいてしまいまして、そのとき独学Linux さんの導入手順の解説がなかったらあきらめて投げ出していたところでした。本当に感謝です。

独学Linuxさんの手順解説を読みながら Fusion-Icon をインストールしたのが、自分にとってプログラムをソースから導入した最初でした。

おかげでそれを応用して Compiz のパッケージ化されてないプラグインを導入できるようにもなったわけですが、上記の Ghost プラグインの紹介記事を見て Cairo-Dock に効果を適用出来るかもと思い試してみました。

Ghost プラグインのCCSM上の設定画面の Window Types 欄でデフォルトの設定を例えば以下のように変更します。

(state=above & type=normal) | class=Cairo-dock

これでデフォルトの効果適用対象に加えて、Cairo-Dock にも効果を適用させることが出来ました。

Ghost をショートカットキーなどでオンにすると、Dock を半透明化させて表示させたまま、例えば Dock の背後にウィンドウの横スクロールバーがある場合、バーをマウスで動かすことが出来るようになります。

ドックは常に表示させたい、でもウィンドウを最大化したとき邪魔になる、かといってドックにウィンドウが重ならないようにドックの高さ分だけ画面の領域をドック専用に確保するのは嫌だ、という場合に良いかも。:D

コメントする

Linux 向けに QuickLook 風機能を提供する Gloobus

作者さんが新しいデモ動画を公開されてました。
2〜3日以内に最初のアルファ版リリースをする予定だそう。

コメントする

Cairo-Dock ver.1.5.6 RC2 リリース

されたわけですが、基本的にver.1.5.6の正式版に向けた暫定版であり、新機能よりもバグ修正に重点を置いた版のようです。deb パッケージはこちらから。
Gnome 2.22 に問題なく対応できるようになるまで stacks 等のプラグインが一時的に外され、
前回Cairo-Dock開発版に関する投稿に載せたスクリーンショットに映っている slide という外観のオプションの同梱も今回の RC2 版では取りやめ。
とはいえ、同じく前回投稿で言及したキーショートカットの実行機能はランチャーに加わっているほか、ドックを「自動的に隠す」設定にしていなくてもウィンドウを最大化させたときは自動的に隠すオプションが新たに加わっています。

コメントする

Ubuntu 上で Quick Look 風機能

がデモされてます。近いうちに導入可能になったらいいですね。
※1〜2週間後くらいに開発者やベータテスター向けの最初のリリースをするそうです。

コメントする

Cairo-Dock の開発版

SVN ソースから Cairo-Dock を入れ直したんですが、いつのまにかランチャーにキーショートカットを実行する機能が付いたり、slide という新しい外観や neon という新しいテーマが追加されてました。

試しにランチャーのコマンド入力欄に F9 や <Super>e と指定してアイコンをクリックしたところ、それぞれ Compiz のウィジェットレイヤやデスクトップの展開が実行されました。

コメントする

Ubuntu 8.04 の Compiz Fusion の翻訳について

Ubuntu 8.04 では Compiz Fusion の各種パッケージ群がインストール済みになっていますが、 CompizConfig Settings Manager (略して CCSM) をインストールして起動させてみると、未翻訳の部分がかなり見受けられます。

8.04 の正式リリース時までには修正されるんだろうと思ってたんですが、結局修正されず。

パッケージやそのソースをチェックしてみると、どうもこれは日本語だけに限らないようです。

Ubuntu 用の Compiz Fusion パッケージ、具体的には compiz-core と compiz-plugins (1:0.7.4-0ubuntu6) に含まれている .xml ファイルと、そのプラグインに該当する compiz-gnome (1:0.7.4-0ubuntu6) に含まれた .schema ファイルをチェックしてみると、各国語の翻訳文字列が記載されていません。 ソースにある .po ファイルを見てみると、翻訳の大部分がわざわざコメントアウトされてしまっています。

.po ファイルで翻訳がコメントアウトされているので、ソースからコンパイルする時に翻訳文字列が xml ファイルなどに書き込まれなかったようです。

Ubuntu には各国語それぞれの言語パックというパッケージがあって、そこに compiz.mo や compiz-fusion-plugins-main.mo ファイルが含まれているんですが、gconf や CCSM ではそれぞれ Compiz Fusion の各プラグインの名前が付いた .schema ファイルや .xml ファイルを読み込んで画面に表示させているので、 言語パックに翻訳が .mo ファイルとして存在していても意味がないと思われます。

公式フォーラムのログをチェックしてみると、Ubuntu 用 Compiz Fusion パッケージのメンテナさんが、「その部分についてはLaunchpad から翻訳を取り込んだ各国語の言語パックが提供されるから。」という発言をされているので、それから察するに .mo ファイルによって翻訳されると勘違いされているのかもしれません。

先日、Launchpad にバグとして一応報告はしておきました。

コメントする

Older Posts »