Archive for 4月, 2009

Intel オープンソースグラフィックドライバの今後

Intel ドライバの開発者?の Keith Packard 氏の Sharpening the Intel Driver Focus というブログ投稿記事が Phoronix で取り上げられていたのを見て翻訳してみました。自分にはテクニカルすぎてほとんど理解不能、誤訳も多々あろうかと思いますが、ドライバのこれまでの開発と今後の流れがなんとなくわかって面白しろかったので。

Ubuntu Jaunty 9.04 では混乱状況ですが、ようは今までのオプションが今後廃止されて、KMS + GEM + UXA + DRI2 という1つの組み合わせに収斂するシンプルで快適な薔薇色の未来を約束するからもう少し耐えろってことみたいです。^^

追記:この開発者の記事も踏まえたうえで、専門知識のある方が日本語で噛み砕いた説明をされてる投稿記事がありました。


2009年4月24日
今週、Intelドライバの09年度第一四半期のリリースを完了。

今期に最も注力したのは、新しく導入した機能などの安定化であり、深刻なバグの修正に集中したり、できるだけ多くの組み合わせをテストしてきた。昨年の一年ほどの間、自分たちは新しい手法のメモリ管理やセッティング・モード、ユーザー空間とカーネルとのコミュニケーションなどを追加して、ドライバを再構築することに追われた。

こうした変更のすべては複数のプロジェクト(X/Mesa/Linux)にまたがるため、あらゆる組み合わせに対応しているか確認に努めた。

というわけで、どのようなオプションがあるのか見てみよう。:

続きを読む »

Comments (1)

Cairo-Dock Fedora 向けパッケージ

Fedora 用の Cairo-Dock パッケージをメンテされていて、開発チームにセキュリティやバグを修正するパッチも提供されている tasaka さんが、Fedora での Cairo-Dock の導入方法をフォーラムで書かれていたので、転載させて頂きます。

F9/10 では公式リポジトリに存在するので、ルート権限で以下を実行すると、Cairo-Dock 関連のパッケージをすべてインストール。
# yum install cairo-dock\*

Rawhide では、現在のところ rpmfusion-free リポジトリに存在するので、以下を実行。
# rpm -Uvh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-rawhide.noarch.rpm
# yum install cairo-dock\*

コメントする

Ubuntu 9.04 日本語 Remix

大分前から 9.04 にアップグレード済みでしたが、/home 以外を Ubuntu 9.04 日本語版に入れ替えてみました。Ubuntu 日本チームの方々に感謝。
今朝は、Firefox の検索バーの Google が英語版の方に飛ぶようになっているのを修正。

追記:以下のような手作業をするより、Add to Search bar という Firefox の拡張機能を追加した方が楽でした・・・。orz 追加したい検索サイトの検索文字列入力ボックスで右クリック>サーチバーを追加を選択するだけ。ついでに検索エンジン登録リストに存在するキーワードとは何なのか初めて知ることに(Firefox スマートキーワード)・・・。

自分は /usr/lib/firefox-addons/searchplugins にある google.xml を直接編集していたんですが、これだと Ubuntu のアップグレードなどの際に元に戻ってしまうので、今回はこの google.xml を ~/.mozilla/firefox/xxxx.default/searchplugins に  google-jp.xml としてコピー。
xml ファイル内の<ShortName>や<Description>を「Google 日本語版」、「Google 検索」などに適当に変更。さらに template=”http://www.google.com/search” 部分を template=”http://www.google.co.jp/search&#8221; に、<SearchForm> を http://www.google.co.jp/ に変更。

コメントする

Ubuntu というベーグル屋さんが

瀬戸物で有名な愛知県瀬戸市にあるらしい。

追記:
>”ウブントゥ”は、南アフリカ語で「お陰さまで私は生きています」の意味です
と、リンク先に書かれてるので、まさに Ubuntu OS と同じ由来なんですよね。
お店の人が Ubuntu 使いなのか、南アフリカ好きなのか、南アフリカでは会話のなかでよく使われる言葉なのか、南アフリカとベーグルがどう結びつくのか・・・etc とても気になる ^^

コメントする

Ubuntu 9.04 Jaunty とグラフィックドライバ

Ubuntu 9.04 のリリースが今週中にあるわけですが、グラフィックドライバ関連に絞ってみても 8.10 の頃から色々変更がありました。
自分が実地で試しているのは Nvidia だけで、こちらは特に問題ないんですが、


ATI :
Catalyst 9.4 以降からサポート外となった Radeon HD2000台未満では「制限付きドライバ」が Jaunty で利用できないかもしれません。
もっともオープンソースのドライバも進化しているので Compiz などを利用するための 3D ハードウェア支援は効くと思いますが、デフォルトで Composite オプションが有効になっているのかどうか。Compiz を利用するにはもしかしたら xorg.conf を編集する必要があるかも。

追記:たぶん r5xx 系  GPU ユーザーが一番戸惑うと思われるので、 radeonhd の man ページや、wiki の Configuration の項を参考にすると良いのかも。xorg.conf の方は自動で面倒みてくれるのかもしれませんが、compiz の起動スクリプトまでは手が届いていないかもしれないので、wiki の Configuring Compiz の項を参考に radeonhd/usr/share/compiz ファイルのホワイトリスト記述行に追加する必要がある可能性もあります。

追記#2: さらに旧型のカードだと特に色々オプションをいじった方が良いようで、
ATI 9600 Mobility Radeon -SLOOOOW ON JAUNTY – Any Suggestions?


Intel:
インテルのドライバは 8.10 から 9.04 の間にかけて多くの新機能が実装されています。
その分まだ熟成が足りず、どうも Jaunty で採用されている Linux カーネルとドライバのバージョンおよびその設定ではパフォーマンスに問題を感じてるユーザーが結構いる様子。
それに関しては前回の投稿にもその対処などが書かれた記事を挙げたんですが、こちらの方に問題の EXA や UXA とは何ぞということについて簡単にまとめられていました。
Ubuntu の英語 Wiki ページのトラブルシューティングにもパフォーマンスの件に関する説明や対処法が。

追記:Jaunty リリースノートの日本語翻訳版でも問題や対処法が簡単に書かれてました。

追記#2: 公式フォーラムでの対処法スレッド HOWTO: Jaunty Intel Graphics Performance Guide (*この方法は結構ハードルが高そう)

追記#3: 上のHOWTO Guide では最新カーネルと最新ドライバを PPA から導入する方法が最初に書かれてますが、そのスレッドでは、Jaunty のデフォルトのカーネルとドライバのまま UXA オプション有効+VideoRAMサイズの変更で改善したという報告投稿もあります。
*使用モデルによってVRAMの指定値を変える必要があるらしく、その後 HowTo fix Intel video in Jaunty (alternative way) という別スレッドが立てられてこの方法が詳しく説明されています。
(このガイドの4月28日付けの更新では、追記#2 の PPA より少々新しさに欠けるものの、その分安定的なバージョンのドライバを提供している別の PPA からドライバ・パッケージを導入する方法が勧められているようです。)

追記#4:
・ 保守的にいく人は、公式リリースノートにある EXA + greedyオプションまたは古いドライバの導入を試してみる。
・ 逆に最も挑戦的で人柱上等な人は、追記#2の方法などで GEM + UXA という新しい機能の進展の最前線に玉砕覚悟で突進する。
・ 新しいものに興味あって多少の問題を厭わない人は、追記#3の方法によって UXA をちょっと試してみる。
といった具合に現状はまとめられそうです。

また、Jaunty の Compiz パッケージの最近のアップデートで、GM965 チップがブラックリストに入りました。
/usr/bin/compiz という、システムを調べて Compiz を適切なオプションで起動させるファイルを覗いてみると、ブラックリストの項目に GM965 が入っています。ドライバに関わるバグが修正されるまでの一時的処置だそうです。

T=”$T 8086:2a02 ” # Intel GM965
T=”$T 8086:3577 8086:2562 ” # Intel 830MG, 845G (LP: #259385)

なので、Jaunty リリース後、しばらくは視覚効果が利用できないかもしれません。
リスク覚悟でリストから外す場合は該当行をコメントアウト。

コメントする

Cairo-Dock まとめページ更新

久しぶりに Cairo-Dock まとめページを更新。

アイコンに関する部分について少し加筆。Cairo-Dock は間もなく RC4 が出そう。

Intel のGPU は使用していないので、Intel のほうで OpenGL バックエンドを使用した場合どうなるかは不明。

Xサーバのバージョンや Intel のドライバが最新でないとダメなのかも。(GEM DRI2 対応必須?)

xorg.conf をいじって UXA オプションを有効にする必要あり?

Ubuntu Jaunty のデフォルトでは UXA を有効にするのを見送ったらしく、Phoronix によれば、代わりに migration heuristics オプションを greedy に設定することを検討しているらしい、といってももう RC が出たようなので結論が既に出ているはずだけれども。

UXA オプションはバグ持ちらしいですが、Intel の人で Intrepid のときより Jaunty ではパフォーマンスが落ちたと感じる人は自己責任でこちらを試してみて、それでダメならこちらの最新カーネル&最新ドライバを導入する方法(Compiz などのパフォーマンスが3倍アップ)があるらしいです。

コメントする

Cooliris linux 対応 & 新IM プログラム Synapse

Cooliris が Linux に対応したそうです。

* Jaunty の firefox 3.0.8 で試したら動かない・・・

動きました・・・。

firefox の右上の★印ボタンを押せば起動するわけですね。

launch_button

あと、見た目が良い Synapse という新しい IM プログラムがアルファ段階だけれどもちょっと話題のよう。

公式サイト

今のところは XMPP プロトコル(Jabber , Google Talk) と Twitter のみ?

Ubuntu Jaunty Jackalope から導入される新しいデスクトップ通知プログラム Notify-OSD には対応済みの様子。

コメントする

Older Posts »