Linux マルチタッチ

まだ本格的に使えるようになったわけではないようなので、あまり話題になってないようですが、Linux がネイティブでマルチタッチのサポートを始めたというニュース。
Native Multi-Touch Support On Linux

マルチタッチのイベントのインターフェイスがすでにカーネル 2.6.30 に含まれていて、MT 対応の N-trig 用ドライバが linux-next git ツリーにある状態、Stantum や DiamondTouch 用ドライバは何とか 2.6.31 に間に合うように近い内に投稿したいとのこと。

デモでは Kwin のデスクトップ回転、Compiz の水効果プラグイン、Freewin プラグインを使用してます。

デモのソースをチラっと見たら、Kwin の特殊効果も Dbus 使って外部から利用できるみたいですね。

Ubuntu 9.10 Karmic Koala では X Input 2 / MPX(マルチポインターX) 実装の X サーバ 1.7 / X.Org 7.5 が予定されてることは前に書きましたが、その中心的な開発者の Peter Hutterer 氏がこのマルチタッチ・サポートに関してコメントしていたので、翻訳してみました。一般的に使えるようになるのは来年ということになるんでしょうか。

最近タッチだの直感だのとかまびすしいですけど、個人的には機能の進化と同じくらい指紋や油でベトベトになるのも何とかしてもらいたいかな。油取り紙先進国の日本からその辺を解決するブレイクスルーが生まれて欲しい。:D

あ、もちろん抗菌で。東京駅のエスカレーターの手すりも最近「抗菌」を謳ってますけど、ああいうのもたぶん日本くらいなのでは?それでもあまり掴まる人いないですけど。


原文: http://who-t.blogspot.com/2009/06/linux-multitouch-getting-somewhere.html

形になろうとしている linux マルチタッチ

自分は2年くらい前に少々マルチタッチに手をつけてみたけれど、低レベルの部分はハックで、特別なプロトコルを吐き出すカスタム仕様のカーネル・ドライバと、そのカーネル・ドライバ専用に書いた X ドライバ、そして X サーバーには新しい種類のイベント、というものだった。その新しいイベントというのはかなり興味深い部分だったが、時間が足らなくてほったらかしにせざるを得なかった。

そして今回、主に Henrik Rydberg のおかげで我々はマルチタッチ・プロトコルをカーネル 2.6.30 で持つに至った。
このプロトコルは evdev ドライバが使用するイベント・プロトコルをベースにしていて、経時的にマルチタッチ・ポイントを追跡する機能を加える。

また ENAC Interactive Computing Lab の Stephane Chatty が、この新しいマルチタッチ API を使用した数種類のデモを見せるリンクを送ってくれた。

これは何をもたらしたのか?

通常のマウスまたはキーボードのイベントは ハードウェア → カーネル → X ドライバ → X サーバ → ツールキット → アプリケーション という流れで基本的に伝わっていく。マルチタッチにとっては、低レベルの部分を今回配置したということになる。

上記のデモでは、このイベントの流れの式の X に当たる部分が欠けている。以前 blob ブランチ(訳注:たぶん MPX のブランチ)について言及したけれど、その復活作業を Bryan Goldstein が引き受けたので、少々の幸運があればそれを形にして現在の master に rebase し完成させていくことができるだろう。そうなればマルチタッチは完全にデスクトップに統合されて、スタックのあらゆる点で見られる特定ハードウェアに特化したハックに依存することはなくなる。

備考:すぐの実現は期待しないように。今のところ、こうした機能がリリースされるまでに8ヶ月を越えるくらいの期間を自分は見込んでいる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。