遅ればせながら Ubuntu Magazine Japan 購入

ようやくアスキー刊行の「Ubuntu Magazine Japan」を購入しました。

おまけのステッカーが素晴らしい。9.10 karmic に合わせたような白地の Ubuntu マークも付いてるところがポイント高し。

で、内容なんですけど、Ubuntu をインストールして一通り使ってみた初心者にはピッタリな感じがしました。

マニュアルを読まないタイプで、基本をしっかり押さえず場当たり的に対処してる自分には、Q&A や基本用語集はツボ。

野良ビルドのパッケージの危険性が以前の別冊アスキー同様きちんと警告されてますが、この辺りギクッときて毎回自分は耳が痛い…

しかしながら、個人的に知った喜びを一番感じたのは OS の Ubuntu に関することよりも、瀬戸の Ubuntu という名のベーグル屋さんの店名の由来!

ページをめくって記事を目にしたときは、驚いて椅子からひっくり返りそうになりました…

お店の人は残念ながら Ubuntu OS を使用されてないとのことですが、以前に気になったことが解明されてスッキリ。

次号はひょっとして、ウブントゥ託児所?

ところで、話は全く変わるんですが、先日開催された X Developers’ Conference 2009 で、X server/Xorg を6ヶ月サイクルで定期リリースする方針が合意された模様。

http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=NzU3Ng

マルチポインターX が実装された X server 1.7/Xorg 7.5 は、リリースが遅れたために残念ながら karmic での導入は見送られましたが、オープンソース・プロジェクトのリリースに関してシャトルワース氏が唱える形態が徐々に創られつつある感じ?

Ubuntu 関連雑誌も定期刊行されるようになるといいですねぇ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。