Linux Intel GMA500/Poulsbo ドライバ

GMA500 搭載のネットブックは持ってないので基本的に興味はなかったんですが、Ubuntu Karmic で GMA500 というか Poulsbo 用のドライバを使用する場合は Jaunty 向けドライバ・パッケージを Karmic のカーネルに対応するようにしたものを PPA から導入することでオーケーみたいです。

Get GMA500 (Poulsbo) working in Karmic with Jaunty backports..

で、自分がなぜ Poulsbo ドライバに関心を抱いたかというと、突然 Gallium3D を利用するドライバに変貌することになったらしいから!
Intel’s Special Driver For Poulsbo Uses Gallium3D

Gallium3D については前に書きましたけど、

Gllium3Dって何?

Gllium3Dって何?#2

前に Moblin 2.1 を試したときに、ついでに Moblin のメーリングリストを眺めたら、Intel の Moblin 担当者が「既存のドライバと比較して、Gallium3D って喧伝されてるほどのメリットなくない?」と言ってて否定的だったし、そもそも通常の Intel 統合グラフィック向けでさえ、というか Intel に限らず ATI や Nvidia も含めて、いまだにまともな Gallium3D ドライバはない状況なので、まさに青天の霹靂!

今度の新しい Poulsbo 用のドライバの Direct Rendering Management(DRM)に関わるコードは Linux 2.6.31 以降のカーネルでの KMS、TTM、Simple Firmware Interface (SFI)(なにこれ?)というのにも対応とのこと。

Poulsbo の X.Org ドライバ(xf86-video-psb)は DRI2 に対応。

そして、肝心の Poulsbo の Gallium3D ドライバは OpenGL アクセラレーションの他、ビデオのハードウェア・エンコードとデコード機能を提供。

カーネル 2.6.31 に対応するので、Jaunty 向けパッケージをバックポートする PPA は、ひょっとしたら新しい Poulsbo ドライバが発表された時点で Karmic に必要なくなるのかもしれません。

Cairo-Dock の GLX モードも動くかも…

Moblin ではルート権限ではなくユーザー権限で X サーバを実行するように手が入れられてるそうですし、少なくとも Moblin においてはXサーバの一般アプリ化が一気に進む勢い?

追記:ドライバに関して続報が来てますね。

Clarifications On Poulsbo’s Gallium3D Driver

新ドライバは Intel の Moorestown に合わせて発表される。

Quake 3 Arena がそれなりのフレームレートで動いて HD 1080i 動画再生できるが、具体的にはUbuntu 8.04 で最初にお目見えしたバージョンのドライバの2倍の速さ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。