The Tokyo Sky Tree tower – a new symbol of an awfully old-fashioned future

アナログ停波までちょうど1年だからなのか、NHKで東京スカイツリーの特集番組をやってました。

でも、地震対策とか、建築技術としては色々新しい技術が使われてるんでしょうけど、個人的には全然ワクワクしないんですよね。

年配な人しか喜ばなさそうな古い未来を感じるというか…

タワー全体が植物に覆われてまさに名前どおりのツリーを実現してくれるなら最先端って思えるんですけど、今のままだったら中国や中東に建てられるような高層タワーとたいして変わらないんじゃないかと、

殺風景な東京に新たな殺風景を加えてどうすんのかと。

そしてそれをマスメディアが大々的に取り上げるてることに、1人勝手に萎えてるわけです。

タワー建設が完成に向けて順調に進んでるニュース見る度に、「鋼鉄の柱がヒートアイランド現象に貢献して、また少し東京の気温を上昇させてくれたかな。」なんて考える。

しかし、そんな文句を言いながらも、いざ完成したら、なんだかんだで展望台に行っちゃうんです…

で、実際に登ったら結構楽しんじゃうんです、きっと…

一番タチが悪いタイプですね、自分。

以下は去年、悪態つきながら撮った写真。

広告

2件のコメント »

  1. 確かに、建物である以上どんなに消費電力を抑えたとしても、
    増えることに変わりはないですよね。
    しかも展望台は450mまでしかないらしいです。
    634mまではアンテナで。
    現代社会の象徴になるのでしょうか・・・
    「墨田区を始めとする地域の期待に応え、以下の基本理念に基づき、新タワープロジェクトを推進します。」
    ・・・期待されているのでしょうか?
    それと、スカイツリーのトップページのflashが・・・重い。
    (XP、2004年作、メモリ約700MB。)
    あらためて買い換える熱が・・・
    でも、「¥」がほとんど無いので。゚+.(´・_・`)+.゚。
    また自作でもしようかなと。

  2. kawaji said

    Sony の VAIO がどんなにハード的に良くても結局は Windows 機であって全然ワクワクしないのと一緒で、
    スカイツリーにいくら高度な建築技術が導入されてて喧伝しても、高さが最大の売りなのは、レッドオーシャンに飛び込んでるだけだと思うんですよね。
    海外で超高層建築物がどんどん計画されてるから。

    単なる電波塔としてひっそり建設されるなら構わないんですけど、NHKが建設途中から特集組んじゃうくらいだし、プヨヨさんが引用されてるように、観光や地域振興の面も相当謳ってるだけに、文句を言いたくなってしまいます。

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。