今どうなってるの xorg.conf.d

Xサーバ 1.8以降(またはUbuntu lucid の Xサーバ 1.7+)の設定、特にホットプラグを利用したいデバイスのドライバの場合は xorg.conf.d ディレクトリに設定を放り込んだ方がいいらしい、ということを以前の投稿で書いたことがあります。

Xサーバ1.8 → 1.7 バックポート: udevルール直書きから xorg.conf.d へ?

Ubuntu lucid に xorg.conf.d/InputClass 入る

しかし、ディストリビューションがユーザーのために用意した標準の設定(Ubuntu lucid で言えば /usr/lib/X11/xorg.conf.d ディレクトリ下にあるファイル)を直接いじるのは、ファイルのバックアップを一応取っておいたとしても、できるだけしたくはないなぁと思ったりします。

だもんで、Ubuntu lucid 正式リリース後まもなく、 /etc/X11/xorg.conf ディレクトリを自分で作って Wacom タブレット用の個人的な設定オプションを記述したファイルをそこに置いてみたことがあるんですが、ファイルを置いてシステムを再起動させたとたん、/usr/lib/X11/xorg.conf.d の方にある全部の設定ファイルが読み込まれなくなるという恐ろしい現象に見舞われたことがありました…

しかし、Debian ではXサーバ 1.7.6.901時点で問題解決済みらしいんですよ。

http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=577769#32

Thanks to Timo, in 1.7.6.901 we have system snippets in
/usr/share/X11/xorg.conf.d/, which can be supplemented/overridden by
/etc/X11/xorg.conf.d/ and /etc/X11/xorg.conf.  Closing this bug, thanks
for your report.

Debian では当初の /usr/lib/X11/xorg.conf.d から /usr/share/X11/xorg.conf.d に移したんですかね。

で、個人の設定ファイルは /etc/X11/xorg.conf.d に置くか、ホットプラグが効かなくてもかまわないと思うデバイスなら従来の /etc/X11/xorg.conf にオプションを記述すれば、デフォルトの設定を補完したり、個人の設定の方を優先適用したりすると。

翻って、Ubuntu の方ではどうなのか。

lucid だとたぶんこの修正は入ってないし、もう入らないんじゃないかと思うんですよね。

じゃあ、Xサーバ 1.8系になってる 10.10 maverick はどうなのよと、今見てみたら、/usr/share/X11/xorg.conf.d に設定ファイルが来てました。

なので、maverick では Debian と同じようにいけるかなと。

実際にはまだ試してないですが。

広告

1件のコメント »

  1. maverick は今のところ動かないみたいです・・・
    またβ程度まで来れば試してみる予定です。

    でもそのように改善がされるのなら嬉しいですね。私としては。

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。