Ubuntu 10.10 Maverick のグラフィックドライバ

Ubuntu 10.10 Mavirick のベータ版が発表されたので、そろそろグラフィックドライバがどうなってるのか気になってきました。

ベータ版リリースノート: http://www.ubuntu.com/testing/maverick/beta#Known%20issues

Ubuntu のドライバを説明したWikiにはまだ Maverick の項がないですね。

https://wiki.ubuntu.com/X/Drivers

Nvidia や ATI でオープンソースドライバとプロプライエタリドライバを切り替える方法は Lucid の時と変わらなそう。

Ubuntu 10.04 lucid のグラフィックドライバ(と Plymouth)

Intel

Maverick では、Intel用のXドライバのバージョンは 2.12 になってました。

あくまで現時点の話ですが、Lucid での場合と同様、カーネル・モード設定(KMS)に関して i8xxチップセットはブラックリストに登録され、デフォルトでKMSが無効化されたみたいです。

  UBUNTU: SAUCE: i915 KMS -- blacklist i830
 UBUNTU: SAUCE: i915 KMS -- blacklist i845g
 UBUNTU: SAUCE: i915 KMS -- blacklist i855

Lucid での Intelドライバ 2.9.x にはユーザー・モード設定(UMS)がまだ残されていたので、KMS が無効化されていても Intel ドライバが使用できたわけですが、これはこれで問題が生じたようですね。

Lucid での問題回避策が色々あるみたいです。

Lucidにおけるi8xx系グラフィックチップのフリーズに対するワークアラウンド

Maverick が Lucid と違うのは、i8xxチップセットでのインストールでは VESA ドライバが自動的に使用されることになりそうだ、という点です。

追記9月14日時点ですが、kms 無効化を取りやめて、vesa の代わりに fbdev ドライバを使用する案が浮上しています。

追記#2: 上の案が採用されて、i8xxでは、KMS+fbdevドライバが使用される仕様となる模様。

Intel ドライバのバージョン 2.12では UMS が取り除かれているため、KMS を無効化するとモード設定が全くできないことになり、Intel ドライバは利用できません。

ところで、Intel ドライバの開発元では、バージョン 2.13 に向けて UMS をドライバに戻すことを決めたらしいです。

しかし単純に UMS を戻すだけでは、全ての i8xx ハードで問題が解消されるわけではないことが、Lucid の状況を見てもわかります。

なので、逆に KMS を有効にしながら 2Dや3Dのハードウェア支援は無効にする(シャドウ・バッファなるものを利用して2D描画は速度が出るらしい)ことで問題を避ける選択肢も i8xx 向けに用意するとのこと。

Intel Comes Up With An Alternative To Bringing Back UMS

Maverick での問題対処法も公式のwikiページにいずれまとめられるとは思いますが、きっとその中には 2.13 を PPA から導入する方法が含まれるんじゃないでしょうか。

Nvidia

Lucid ではオープンソース版のドライバである nouveau が使用され、ユーザーが後から任意で Nvidia のプロプライエタリ・ドライバをインストールする形でした。

Lucid の nouveau ドライバでは標準で 3D 支援を利用することはできませんでしたが、これは Maverick でも同様のようです。

Maverick が Lucid のときと違うのは、libgl1-mesa-dri-experimental というパッケージが公式に用意されていて、それを Synaptic などからインストールしてやることで、nouveau でも3D支援が利用できるようになるということくらいでしょうか。

オープンソースドライバ nouveau の機能表:http://nouveau.freedesktop.org/wiki/FeatureMatrix

(Ubuntu のドライバは最新というわけではないので、表とは実装済み機能が異なる場合があります。)

ATI

自分は今 radeon ユーザーではないのでよくわからないけれど、こちらも特に変わったことはないというか、オープンソースドライバの開発は地道に続けられているので、 Lucid より新しいバージョンのドライバではバグが解消したり新機能が実装されていたりするでしょう。

オープンソースドライバ radeon の機能表: http://www.x.org/wiki/RadeonFeature

(Ubuntu のドライバは最新というわけではないので、表とは実装済み機能が異なる場合があります。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。