祝シャープ電子書籍端末発表、ガラパゴス・ビールで乾杯!

今月の初め、まだ暑さが厳しいなか、ペットボトルのお茶を飲みながら歩いてますと、かなり体重を召した黒地のTシャツ姿のおば様が自分の前に。

進む方向が一緒なので、そのおば様の背中を目にしながら歩いてると、そこにはTシャツがお肉でぱつんぱつんなためおもいきり横に引き伸ばされた金色の大きな文字、

GORGEOUS

ところで先日、シャープさんがOSにアンドロイド採用の電子書籍端末「GALAPAGOS」を発表しましたね。

発表ニュースを映し出した自分のノートPCは無事のようです。

飲み物を口に含んでいるとき油断してはいけないなぁ、と思わせる出来事が続きました。

そして今は、日本で独自進化を続けている擬似ビールを飲みながらこれを書いております。

いわゆる第3のビールの新製品「アサヒくつろぎ仕込」、ドイツのヴァイツェンビールに特徴的な香り成分4AGを独自醸造技術で麦から引き出すことに成功したとのこと。

そんな地点にまで到達してしまったのかという思いで、つい試しに買ってしまいましたよ。スーパーには銀河高原ビールも置かれてたんですが。

がんばる方向がおもいっきり間違ってるような気がするんですよねぇ。

ロビー活動に力を入れて、アルコール度数に応じた課税、一方で欧州のワイン生産国が自国ワインを保護してるように国産の品質の高い日本酒や焼酎は税率を低く保つとかを実現させたほうがいいんじゃないかなぁ。

でも、メーカーに怒ってばかりでもしょうがないですな。

ビールを愛飲する人たち自身が今の事態をはずかしく思い、酒税の税率の問題に対して声をあげていかないと。

ひいては、最終的なターゲット、個人による酒の醸造を事実上禁止している税法の改正にまで持っていかなきゃ。

(こんな法律が国内にありながら海外で商売するのって、キリンやアサヒの人たちにとっても恥ずかしいと思うのですが。)

しかし、そんな擬似ビールのなかでも、アルコールゼロのものに関しては存在意義があると思ってます。

特に、しじみ900個分の回復系アミノ酸オルニチン配合、「キリン 休む日のAlc.0.00%」!

発泡酒 → 第3のビール で、完全にビールではなくなり、さらにアルコールゼロで酒ですらなくなって、そしてとうとう!休肝日に飲む健康飲料に…ああぁ(遠い目…)

色々言いたいことはありますが、ここまで来れば立派なものです。

シャープさんの「GALAPAGOS」には、端末デバイスにおける「キリン 休む日のAlc.0.00%」を目指してもらいたい。

それって具体的にどんなもの?と問われたら返答に困るけれど。

広告

3件のコメント »

  1. 0%って美味しくないきがしませんか?
    ノンアルコールの味にはまだ満足できません。私は。
    これだから不健康になるんですけど・・・
    もうちょっと味を調整して欲しいと思っていますが。

    ・・・でも、どこかで区切りを付けて、脱アルコールしようとは思っています。

    ※ちなみにタバコは吸ってません。こちらは健康です。(?)

  2. 明日、Ubuntu10.10リリース予定。
    DVD-RW買ってます。そちらは10.10に変えますか?

  3. kawaji said

    実際に飲んだことがあるノンアルコールビールはキリンフリーだけですが、自分も味に関しては…
    でも、改良していけば、国内に限定されない存在意義はあるんじゃないかと思ってます。

    一方で、発泡酒や第3のビールというのは完全に悪い意味でのガラパゴス製品でしょう。
    自分のような者が言うまでもなく、メーカーの人が一番それを自覚されてるでしょうけど。

    Ubuntu 10.10については開発段階から試していて、日本語版がリリースされたらそちらに切り替える予定です。

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。