Archive for 10月, 2010

Ubuntu light & Unity

Splashtop などのようなコンセプトなんでしょうか。

Dell が Ubuntu light と Windows7 のデュアルブート製品を出すとか。

Ubuntu Weekly Topics 2010年6月25日号 Ubuntu Lightのデモ

UDS: Ubuntu Light

Day 3 – Wednesday, the Longest Day of the Week (Live from UDS)

Dell はこのプロジェクトをサポート。Lenovo や Acer とも取引を持とうとしてるみたい。

シャトルワース氏にインタビューした人は、そうしたDell 以外のメジャーなところからも Ubuntu 搭載デスクトップが出ることにひょっとしたらなるかも、と。

Ubuntu changes its desktop from GNOME to Unity

サーバ版を除く Ubuntu は Unity で統一っぽいですね。

色々言われてる Unity ですが、こうした OEM が納得するようにしなきゃいけないわけですから、11.04 での Unityの出来自体については何も心配いらないでしょう! たぶん

そもそもUnity は基本的にGnomeデスクトップ環境向けアプリ。従来のGnomeデスクトップに戻すのも簡単でしょうし、Gnome-Shell のパッケージだって提供されますしね。

こうした Canonical に対してOpen Core ライセンス的な方へ向かってるんじゃないかと一部から疑念を持たれてるようですが、うーん、Canonical に Red Hat、Novell のようなビジネスは無理だと思うし、むしろ Red Hat や Novell と極力かぶらないなかでビジネスをしようとしてこうしてるって面もあるような。この問題についても UDS で話が持たれたようなんで、まぁ大丈夫かな?

と、Unity のこと書いたりしてますが、実はまだ一回も自分で試したことないっていう…

広告

Comments (1)

気になる Ubuntu マルチタッチインターフェイス #3

Apple MacOSX の新バージョン「Lion」が予告されましたが、

Mac OS X 10.7 Lion新機能速攻まとめ!(動画あり)

フルスクリーンモード&モーダルコンピューティング、そのための「ミッションコントロール」で、デスクトップにも本格的なマルチタッチ・ジェスチャーですか。

新MacBookでタッチスクリーンを採用しなかったのは垂直の画面だと腕が疲れるからだそうですが、前回取り上げた Peter Hutterer さんのブログ投稿でも、フランスの航空学校(École Nationale de l’Aviation Civile)の研究所が同様の理由でタッチ操作のみだった航空交通管制訓練用のシステムを Wacom のペンタブ Cintiq に切り替えた話が載っています。

タッチ操作はもっぱらコンテンツの消費向けで、コンテンツの本格的な作成はまだまだ従来型の入力デバイスに依存とか。

とはいっても、来年以降は各社からタブレットがどっと出そうですし、キーボードがオプション扱いの製品で一般的な家電量販店の売り場が占められる日は案外近いかも。

Linux に話移すと、マルチタッチ対応に一番熱心なのは Meego なんではないかと勝手に思ってます。

Nokia のスマートフォンがからんでますし、対応アプリを書くための QT ツールキットの開発にも一層力を入れるみたい。

Nokia 全モバイル製品のユーザーインターフェイス層は Qt で統一。The Qt Future – Mobile on Nokia

もっぱらモバイル向けのようですが Getting in touch with Qt Quick: Gestures and QML

リサーチ用リポジトリ

一方 Ubuntu の方では、ツールキットやアプリケーション向けの、プラットフォームに依存しないライブラリ uTouch-GEIS の開発が進められてますが、これに対応するツールキットやアプリが欲しい。

QT は組み込み機器にも利用されており、開発ツールやドキュメントが整備されているらしいんで、マルチタッチ以外の面も含めて Ubuntu側は QT へのアプローチを進めそうな気配。

Ubuntu and Qt

どうやら QT 側でも QT から GEIS API が利用できるようにすることに興味があるそうで、今度の Ubuntu開発者会議では両者が顔を合わせるみたいです。

ユーザーの不明瞭な入力操作に対して確率的決定を行う統一的なフレームワークの研究をしてるカーネギーメロン大の人も今年の会議に呼んで、将来的に uTouch に反映させたいとか。

Probabilistic Input for uTouch

ついでに Compiz に関して、 0.9.4 辺りで MPX と uTouch を通じてマルチインプットとマルチタッチに対応させたいとの Sam君による宣言が。

追記:Ubuntu 11.04 では Gnome-Shell の採用を見送って、デスクトップ版にも Unity を持ち込むらしいんですが、現在のネットブック版の Mutter をベースにした Unity のパフォーマンスは評判悪いようで、Compizベースへの移植の試みがあるようです。

追記#2:Unity 開発担当が Compiz をバックアップ、Sam君も Canonical に雇われて Compiz の開発を加速させる模様。

急展開ですね…

コメントする

気になる Ubuntu マルチタッチインターフェイス #2

以前の投稿「 気になる Ubuntu マルチタッチインターフェイス」の続き。

Ubuntu 10.10 ネットブック版のタッチ実演動画がだそうで。
http://blip.tv/file/4245457

Linuxにおけるこの分野の開発の加速に Canonical が乗り出してくれたのはうれしいです。

あと、Novell/Suse の takashi iwai さんのおかげで、Synaptics ドライバの ClickPad 対応が開発元の方に取り込まれ始めてるみたい。

ClickPad は HP Mini 210などに採用されてるようですね。

Multi-Touch For The X.Org Synaptics Driver

そんな状況のなか、先月、フランスのトゥールーズ(航空宇宙産業の街らしい)でX開発者サミットが開催されたそうなんですが、マルチタッチに関するワークショップも2日間に渡って開かれたとのこと。

Peter Hutter さんがその概要や自分の考えをブログに綴ってます。

Thoughts on Linux multitouch

ハードウェア方面からは仏Stantum社の人や Wacomの Ping Cheng女史、ソフトウェア方面からは Canonical の Chase Douglas氏(Wacomドライバの新Bamboo対応に関わっておられるので感謝。Ubuntu 10.10 には間に合いませんでしたが、近いうちにLinux カーネルでの Bamboo P&T 正式対応が来るでしょう。)や Nokia の Qtツールキット担当の人などが参加されたそうです。

Hutter さん曰く、

マルチタッチで一番難しいのは、ユーザー側の意図とシステム側で受け取るデータとの間の食い違い。

例えば、絵描きアプリケーションにおいて、一連のデータ・イベントがあったとする。

  1. 色選択ツール上に1点のタッチが現れ、赤色を選択後、タッチは消える。
  2. 色選択ツール上に1点のタッチが現れ、緑色を選択後、タッチは消える。
  3. キャンバス上に2点のタッチが現れ移動する。

上のようなデータの流れが生成される原因として考えられるシナリオは次の通り。

  • 1人のユーザーが誤って赤色を選択、緑色を選び直した後、両指とも緑色で描画している。
  • 1人のユーザーが1番目の指で赤色を選択、次に2番目の指で緑色を選択した後、各指それぞれ選択した色で描画している。
  • 1人のユーザーが1番目の指で誤って赤色を選択、その指で緑色を選び直した後、緑色で描画、2番目の指は事前に割り当て済みの別の色で描画している。
  • 2人のユーザーがそれぞれ別の色を選択して同時に描画している。

しかし、データの流れからだけでは、こうした判別は不可能。

ユーザー側の意図とデータとのこうしたミスマッチによって問題が発生してしまうことがないようにするのは、もっぱら UI デザイン部分での挑戦。

AppleのiPhoneの場合、マルチタッチ対応アプリが1つだけ全画面で開くから、非常に限定的な設定環境、そのような設定を持ち込むには新しいAPIが1つだけあればいいので、技術的観点からは容易(もっとも、出来のよいAPIを作るのは大変な仕事)。

一方、Xサーバへのマルチタッチ対応の組み込みで最も問題なるのが、既存のデスクトップ環境のサポート。

マルチタッチは複数ウィンドウの複数アプリにまたがって正常に働かなければならず、加えて、マルチタッチ非対応アプリも利用可能なように従来型のポインターをエミュレーションすることも必要になる。

このような機能を提供する商用製品は個人的にまだ見たことがない。

Microsoft Surfaceアプリでさえ、非常に限定された設定内でこれをエミュレーションしてるだけ。(iPhoneやiPad、Surfaceテーブルは所有してないので、開発に進展があったとしたら、見逃してる可能性はあるけれど。)

我々は、アプリ開発者に対して、既存のものを捨てて、マルチタッチ対応するように書き直すよう単純に求めることはできない。Android や Apple はその気になれば可能。

マルチタッチ・インターフェイスと非マルチタッチ・インターフェイスとの間の移行コストをゼロにするためには次の4つが要求される。

  • あらゆるマルチタッチ対応アプリで働くマルチタッチ
  • 複数アプリに同時に働くマルチタッチ
  • 非マルチタッチ対応アプリのためのポインターエミュレーション
  • マルチタッチ・アプリと従来型ポインター/キーボード・アプリの同時実行への対応

マルチタッチに言及すると、すぐにジェスチャーの話が持ち上がる。

ジェスチャー認識はタッチ認識の邪魔になってはいけない。

例えば、システムがジェスチャーを待つためのタイムアウトを取っていても、ユーザーはジェスチャーのつもりがなく、待ち時間を設けることが無意味な場合がある。

つまり、ジェスチャー対応の組み込みは、単にいくつかのジェスチャーを定義して終わるものではない。定義されたジェスチャーのなかから適切なものを選択することがユーザーに対して遅延として表出しないようにするのも重要。

一方、FOSSソフトウェアのスタックは細かく分離してしまっているので、真のマルチタッチ統合はウィンドウマネージャやデスクトップ環境、アプリケーションに渡って行われる必要がある。

自分が間違っていることを望むが、Ubuntu Unity のジェスチャーサポートでもっとも懸念するのは、そのジェスチャーが別の部分といくつかのケースで重複してしまい、ユーザーの体感に悪影響をもたらすこと。

Xサーバにおけるマルチタッチ対応について、当初は現在のイベントシステムにマルチタッチを統合することを考えていたが、それは放棄した。

今の目標は、新しいイベントを追加して、それをポインター&キーボードのイベントと併存させること。

したがって、クライアント側でマルチタッチ・イベントに対応させる修正作業が必要になる。すでに XInput2 に対応しているクライアントであっても同様。

ただし、これらは未だ流動的な状況。

多くの人にとって興味があるのは、こうしたもの全てが Ubuntu のマルチタッチ対応とどう一緒になるのか、ということだろう。

Ubuntu のジェスチャー対応の試みは賞賛に値するが、自分の考えでは、真のマルチタッチはジェスチャー以上のものであり、その観点からすると、かなり限定的なものに映る。

その現在の UI は、マルチタッチに完全に適合したデスクトップを目指すよりも、Apple Magic Trackpad のような、ジェスチャーが従来の入力の上乗せとなっているデバイスの方を目標にしているようである。

マルチタッチ・アプリケーションが少ない現状では妥当だが、システムレベルのデザインのためには、中長期のことも念頭に入れる必要がある。

Ubuntu側が最初に提案した X Gesture Extentions は、ジェスチャー認識部をXサーバに入れようとするもの。これでは、システムに認識部が1種類だけしか存在し得ない。

我々は完全な唯一のウィンドウマネージャやツールキットを追い求めてはいないが、それは認識部においても当てはまるだろう。

Canonical の Chase とワークショップでも検討し合い、結果として X開発者サミットは、もはやXサーバに認識部を持ち込むことを求めていない。

新しいアプローチでは、純粋にクライアント側で、ライブラリやデーモンによってジェスチャー認識が行われる。

複数の異なるジェスチャー認識が同時に併存可能。(GTK, Qt, Mozilla 等々が思い浮かぶ)

これが UI にとって良いことかどうかはまた別の問題で、特に Wacom の Ping Cheng は一貫性の面で不安のあるシステムを持つことを良く思っていない。

これについて、我々はデスクトップ環境とツールキットとの間で共通の土台を見出す必要がある。

Geis (Gesture Engine Interface and Support) はそこに踏み込むものなのだが、まだ開発は初期段階であるし、問題なのは、Geis の実装に著作権管理契約(Copyright Assingment)を要すること。

Geist自体は適切なアプローチで必要なものなのだが、政治的判断がからみ、進展しなくなってしまうことが心配。

ジェスチャーインターフェイスのような中央的なものは、ツールキット開発者やX.Org開発者、アプリケーション開発者などが協働して開発すべきで、著作権管理契約の必要性は捨て去ることを提案したい。

えーと、なにがなんだかわかりませんが、とにかくマルチタッチ環境の整備が来年一層進みそうだなってことで。 (;^_^A

コメントする