Archive for 11月, 2011

Catalyst 11.10(fglrx 8.902)を試すも…

10月31日にAMDがLinux向けのドライバの更新版をリリースしてたそうなので、期待して試しました。

ところが、Gnome-Shellでのモッサリ感というか、「アクティビティ」画面に遷移したときのウィンドウのズームアウトがカクカクした感じなのはあいかわらず。

ツールチップの表示は崩れなくなったようだけれど、画面右下のシステムトレイの表示にはまだ問題あり。

ひょっとして Gnome-ShellやClutterその他Gnome3関連のパッケージをできるだけ最新にしたら改善するのかな? と思い、Ubuntu公式リポジトリのパッケージに替えてPPAからのもの(Gnome-Shell 3.2.1+git20111031など)に入れ替えてみてもモッサリ感は変わらない。

というわけで、再びオープンソースドライバに戻す結果となりました(泣)

Phoronixの人は Catalyst11.11beta版、fglrx 8.91.4 を使って AMD FirePro V4900 のベンチマークをリポートしてるけれど、それよりベータ版ドライバでのGnome-Shellやその他でのデスクトップ操作感を教えてくれると有難いのだけれどなぁ。

ほんのちょっとだけ良いニュースなのは、Google Chromiumに携わってるエンジニアが Catalyst11.12相当と目される fglrx 8.92 ドライバの提供をすでに受けていて、fglrx 8.92以降から Chrome/Chromiumブラウザでハードウェア支援が効くようになりそうなことくらい。

AMD Catalyst 11.12 Will Be Even Better

期待せず待つのが吉。

Comments (1)

Ubuntu 11.10 Unity でのトレイアイコン

個人的備忘録がてら。

Gnome2 デスクトップ環境から Gnome3 環境になってデスクトップの詳細な設定がこれまでの gconf から dconf に移行していってるようなので、gconf での gconf-tool2 コマンドやGUIツール gconf-editor にあたるものをチェック。

gsettings コマンドというのが用意されているらしいんだけれども、設定内容全体をパッと見渡してみたいので、GUIツールの dconf-editor を導入することに。

dconf-editor は dconf-tools というパッケージをインストールすれば入れられるとのこと。

$ sudo apt-get install dconf-tools

で、dconf-editor を実行すると、設定エディタのウィンドウが開いて、色々興味深い設定項目がずらずら並んでいるわけだけれど、

desktop → unity → panel に進んでみたら、systray-whitelist なる設定項目を発見。

まさかと思って試しに設定値を all に変更したうえで、デスクトップを一度ログアウト。

再ログインしてUnityデスクトップ上で easystroke のようなアプリを起動させたら、表示されなくて困ってたアプリのトレイ・アイコンが画面上部のパネル右側にちゃんと表示されるじゃありませんか!

どうも Ubuntu 11.04 からこんな感じだったらしいんですが、11.04 はほとんど触ってなかったもので、今頃気づきました…

Gnome-Shellデスクトップを使用してる場合はこういうことする必要はないんですけどねぇ。

とはいっても Gnome-Shell の方でも、システムトレイが普段画面から隠されてて、マウスを画面右隅に持っていくとスライドアップ表示されるっていうのがわかるまでにしばらくかかりました…

gsettings コマンドを使って systray-whitelist の値を all にするには、

$ gsettings set com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist "['all']"

追記来年4月リリース予定の Ubuntu 12.04 Precise Pangolin の Unity では、whitelist に特定のアプリを個別に追加する方法のみが認められ、 all が使えなくなるかもしれません。

Unity:

– It seems that starting with Precise, you won’t be able to re-enable the whole systray (“whitelist all”), but only allow whitelisting specific apps,

Expected Changes In Ubuntu 12.04 Precise Pangolin (UDS-P In Brief)

Ubuntu 11.10 Unity でのデフォルトに戻すにはたぶん

$ gsettings set com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist "['JavaEmbeddedFrame', 'Wine', 'scp-dbus-service', 'Update-notifier']"

たぶん、というのは、デフォルトの値を覚えておかずにいきなり all に変更してしまったから。

なので、変更前にまず以下実行などで値を覚えておくのが賢明でしょう。

$ gsettings get com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist

追記dconf-editor のキーの編集画面の右隅に「Set to Default」というボタンがあって、いつでもデフォルトの設定値に戻せますね。さらに、gsettingsコマンドや dconfコマンドには reset が用意されてるので何も心配いらなかった。

$ gsettings reset com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist または $ dconf reset /desktop/unity/panel/systray-whitelist

特定のアプリを付け加えたいだけなら、例えば easystroke を加えたいだけならば

$ gsettings set com.canonical.Unity.Panel systray-whitelist "['JavaEmbeddedFrame', 'Wine', 'scp-dbus-service', 'Update-notifier', 'easystroke']"

gsettings コマンド以外にも dconf コマンドでの設定変更もできる感じ。

$ dconf write /desktop/unity/panel/systray-whitelist "['JavaEmbeddedFrame', 'Wine', 'scp-dbus-service', 'Update-notifier', 'easystroke']"

うーん、よくわからんけれども、Unity でわざわざ whitelist を導入してるのは、従来のシステムトレイとUnityのインジケータの両方に対応するアプリでアイコンが二重に表示されてしまうのを防止するためなのかな?

コメントする