Catalyst 11.10(fglrx 8.902)を試すも…

10月31日にAMDがLinux向けのドライバの更新版をリリースしてたそうなので、期待して試しました。

ところが、Gnome-Shellでのモッサリ感というか、「アクティビティ」画面に遷移したときのウィンドウのズームアウトがカクカクした感じなのはあいかわらず。

ツールチップの表示は崩れなくなったようだけれど、画面右下のシステムトレイの表示にはまだ問題あり。

ひょっとして Gnome-ShellやClutterその他Gnome3関連のパッケージをできるだけ最新にしたら改善するのかな? と思い、Ubuntu公式リポジトリのパッケージに替えてPPAからのもの(Gnome-Shell 3.2.1+git20111031など)に入れ替えてみてもモッサリ感は変わらない。

というわけで、再びオープンソースドライバに戻す結果となりました(泣)

Phoronixの人は Catalyst11.11beta版、fglrx 8.91.4 を使って AMD FirePro V4900 のベンチマークをリポートしてるけれど、それよりベータ版ドライバでのGnome-Shellやその他でのデスクトップ操作感を教えてくれると有難いのだけれどなぁ。

ほんのちょっとだけ良いニュースなのは、Google Chromiumに携わってるエンジニアが Catalyst11.12相当と目される fglrx 8.92 ドライバの提供をすでに受けていて、fglrx 8.92以降から Chrome/Chromiumブラウザでハードウェア支援が効くようになりそうなことくらい。

AMD Catalyst 11.12 Will Be Even Better

期待せず待つのが吉。

広告

1件のコメント »

  1. Chromeですか。

    chrome://flags/
    Windowsだと↑から有効化できますが、Linuxだとどうなるかは、ちょっと。
    でも、ハードウェア支援はWindowsでもまだ不安定なので、あまり使えるものではないかも。
    ※普通のCanvas 2D/3Dは大丈夫なのですが、ページのレンダリングのハード支援は不安定です。

    https://launchpad.net/~chromium-daily/+archive/ppa
    ここのchromium daily buildがLinuxにて最新です。
    恐らく最初はここに反映されるかと。

RSS feed for comments on this post · TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。