Nexus7でAndroidとUbuntuのデュアルブートPt.2

Bodhi LinuxというUbuntuベースのディストロが試験的にNexus7用のイメージを発表したらしい。

http://jeffhoogland.blogspot.nl/2012/12/bodhi-armhf-alpha-for-nexus-7.html

配布されている boot.img の中を見ると、http://hwe.ubuntu.com/uds-r/nexus7/ の boot.img と全く同じ様なので、現段階ではこのUbuntuのrootfs.imgをベースにアプリの構成等をいじっただけかな。

Multirom v2はこのUbuntuのboot.imgに手を加えたものを同梱しているので、試したら Multirom v2 でAndroidとこのBodhi Linuxのデュアルブート可能。

Nexus7向けUbuntu 12.10のUnityは重かったけれど、同じ12.10なのに Enlightmentを採用する Bodhi は軽い操作感でした。

Enlightment いいですね。小さいタッチ画面だと、現段階ではUnityよりこちらの方が操作しやすい。Enlightment も進化を続けてたんですね。

Compizが登場する前は、ド派手なLinuxデスクトップを目指す=Enlightment導入、だったんじゃないかと思います。

そのEnlightment、10年以上の開発版を経て、先週ついに公式リリースされたニュースが…

http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=MTI1OTI

Unityの方のニュースはというと、シャトルワース氏が語った2013年の目標に関して。

http://www.markshuttleworth.com/archives/1221

Ubuntuとしては、テッキーな一部の人のためだけじゃない、広く一般の誰もが利用できるプラットフォームを目指す、だから皆が毎日行いたいと望むコンピュータ利用に関わることが大事、

そしてそれはモバイル分野、2013年はモバイルでのUnityに注力するぞ、と宣言。

Ubuntu for Nexus7 はその一環なわけですね。

Multiromが v2 から v3 に更新され Ubuntu 13.04 & USBブートに対応したので導入してみたのですが、もっぱらデモ用だった12.10 ベースのものよりUnity の動作が軽くなってました。

Unityの見た目に変更が加えられるのは13.10開発サイクル以降になると思うんですが、期待が膨らみます。

Multirom v3ではUSB接続の外付けHDDのファーストパーティションにインストールしたNexus7向けUbuntu 13.04があっさり起動。

ついでに TWRP で現在の自分のAndroidのバックアップ(boot, system, data)を取って、Multiromから外付けHDDのセカンドパーティションにインストールしたら、こちらも問題なく起動。

ということは、Ubuntuに加えて、今使ってるNexus7のAndroid環境をブート可能な状態でUSBメモリに入れて持ち歩ける。

持ち歩けるからなんなんだ?と問われると困るけれど、困っているうちに、Mer OS ベースのNexus7向けイメージも近いうちにMultiromに対応するかもしれず、持ち歩けるOSの種類はどんどん増えそう。

http://ruedigergad.com/2012/12/21/plasma-active-for-nexus-7-running-the-touch-optimized-plasma-active-linux-distribution-on-nexus-7/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。