Archive for android

Nexus7でAndroidとUbuntuのデュアルブートPt.3

Canonicalによるスマホ向けUbuntu発表に新年早々びっくり、飲んでいたどぶろくを吹き出しそうになりました。

http://techwave.jp/archives/51775041.html

さらに、WebOSのNexus7への移植のニュースもあり、しかも既存のシステムを削除する必要なく試せそうとくれば、酔った勢いで導入してみたくなります。

Open webOSがNexus 7に移植される(動画あり)

自分が調べたときには、ビルド方法がちょうど公開されていました。

試用の手順を記載したページには、事前に注意書きを読むことを促すためでしょうか、他所でのイメージ等への直リン禁止、手順の説明禁止、他人に教えたいならURL http://testing-n7.webos-ports.org だけを使用してこのページに直接誘導しなさい、とあります。

とりあえず指示に従って、結果だけ書きますと、Ubuntu 12.04以外でのビルドは未検証とのことですが、昨晩 寝る前に12.10でビルドを開始させ放っておいたところ、今日の午前中、イメージが無事に生成され、Nexus7でWebOSが起動しました。

しかし、動作が不安定、bluetoothがオンにならない、ステルスSSIDのWifi接続を手動追加できない、等々あり、時間をかけてビルドしても、ちょいちょいと5分ほどいじってお終いになってしまうかな。

まだAlpha以前の段階ですね。

ノートやデスクトップにLinuxを導入する際のドライバの問題は今では相当改善されましたが、モバイル機器分野では再び悩みそう。

コメントする

Nexus7でAndroidとUbuntuのデュアルブートPt.2

Bodhi LinuxというUbuntuベースのディストロが試験的にNexus7用のイメージを発表したらしい。

http://jeffhoogland.blogspot.nl/2012/12/bodhi-armhf-alpha-for-nexus-7.html

配布されている boot.img の中を見ると、http://hwe.ubuntu.com/uds-r/nexus7/ の boot.img と全く同じ様なので、現段階ではこのUbuntuのrootfs.imgをベースにアプリの構成等をいじっただけかな。

Multirom v2はこのUbuntuのboot.imgに手を加えたものを同梱しているので、試したら Multirom v2 でAndroidとこのBodhi Linuxのデュアルブート可能。

Nexus7向けUbuntu 12.10のUnityは重かったけれど、同じ12.10なのに Enlightmentを採用する Bodhi は軽い操作感でした。

Enlightment いいですね。小さいタッチ画面だと、現段階ではUnityよりこちらの方が操作しやすい。Enlightment も進化を続けてたんですね。

Compizが登場する前は、ド派手なLinuxデスクトップを目指す=Enlightment導入、だったんじゃないかと思います。

そのEnlightment、10年以上の開発版を経て、先週ついに公式リリースされたニュースが…

http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=MTI1OTI

Unityの方のニュースはというと、シャトルワース氏が語った2013年の目標に関して。

http://www.markshuttleworth.com/archives/1221

Ubuntuとしては、テッキーな一部の人のためだけじゃない、広く一般の誰もが利用できるプラットフォームを目指す、だから皆が毎日行いたいと望むコンピュータ利用に関わることが大事、

そしてそれはモバイル分野、2013年はモバイルでのUnityに注力するぞ、と宣言。

Ubuntu for Nexus7 はその一環なわけですね。

Multiromが v2 から v3 に更新され Ubuntu 13.04 & USBブートに対応したので導入してみたのですが、もっぱらデモ用だった12.10 ベースのものよりUnity の動作が軽くなってました。

Unityの見た目に変更が加えられるのは13.10開発サイクル以降になると思うんですが、期待が膨らみます。

Multirom v3ではUSB接続の外付けHDDのファーストパーティションにインストールしたNexus7向けUbuntu 13.04があっさり起動。

ついでに TWRP で現在の自分のAndroidのバックアップ(boot, system, data)を取って、Multiromから外付けHDDのセカンドパーティションにインストールしたら、こちらも問題なく起動。

ということは、Ubuntuに加えて、今使ってるNexus7のAndroid環境をブート可能な状態でUSBメモリに入れて持ち歩ける。

持ち歩けるからなんなんだ?と問われると困るけれど、困っているうちに、Mer OS ベースのNexus7向けイメージも近いうちにMultiromに対応するかもしれず、持ち歩けるOSの種類はどんどん増えそう。

http://ruedigergad.com/2012/12/21/plasma-active-for-nexus-7-running-the-touch-optimized-plasma-active-linux-distribution-on-nexus-7/

コメントする

Splashtop Streamer for Linux を試したら…

自分のWindowsデスクトップにはSplashtop Streamerを入れていて、Android端末のSplashtopクライアントからデスクトップを操作できるように一応してあるのですが、

Linux用、現段階では Ubuntu 12.04向けの Splashtop Streamer の提供がようやく開始されたそうなので、オープンソースではないプログラムをシステムに入れることになるものの、飛びついてみました。

http://www.splashtop.com/ja/home

12.10だとライブラリのバージョンが合わなくて使えないという話が出てるのを見たので、12.04環境が無い場合はStreamerのアップデート待ちになるかもしれません。

前投稿に書いたように Nexus7でAndroidとUbuntuをデュアルブート出来るようにはしたんですが、Ubuntuの動作が遅いので、正直言って今のところ常用できる感じではないんですよね。

それと比べてリモートデスクトップだと果たしてどうなのか。

.debパッケージをインストールして起動させ、表示される使用許諾要項に同意すると、Pythonで書かれたらしきEメールアドレスとパスワードを入力してログインするシンプルな画面が出ます。

Windows – Android のためにSplashtopのアカウントは作成済だったので、それを入力してログインボタンを押すと、SRFeatureというプロセスがスタート、これでリモートデスクトップの準備が整いました。

試しに Nexus7に入れてあるSplashtop2 HDからUbuntuデスクトップを操作してみると……Nexus7にネイティブインストールしてあるUbuntuよりはるかにキビキビ…

いや、まぁ、しかし、シャトルワース氏はモバイル端末からTVに至るまでUnityが有用であることを14.04で示すという目標を立ててるらしいですから、パフォーマンス面もどんどん磨きこまれていくはず。

ネイティブインストールならWifi/3G/4Gが圏外の場所でも使える。ARM向けにコンパイルされたADBやFastbootが使える。

つまり、Nexus7のUbuntuを使っていつでもどこでも別のNexus7にUbuntuをインストールできる大勝利 v( ̄Д ̄)v

コメントする

Nexus7でAndroidとUbuntuのデュアルブート

UbuntuがNexus7をサポートしたニュースを知ったときは喜んだんですが、ROM全体を書き換えなきゃいかんということで導入をためらいました。

USBブートできてAndroidと使い分けが可能になったら気軽に試せるんですけどね。

なんて思ってたら、複数のAndroidROMやUbuntuとのマルチブートを可能にする実験的ROMがXDAで公開されてました。

[EXPERIMENTAL] MultiROM v2

Android 4.2にアップデート済みのNexus7 16gb版に導入したところ、AndroidとUbuntu双方の起動は確認できました。

Nexusの電源を入れるとMultiROMのメニュー画面が現れて、まるでGRUBのように起動するOSを選ぶことができます。これは感動!!!

USBブートにも今後対応予定とか。ありがたや、ありがたや。

AndroidとしてのNexus7は素の状態でもキビキビ動くんで、Root取ろうとかカスタムROM導入しようとか思わないんですけど、Ubuntuの方は色々いじり甲斐がありそうです。

Nexus7向けUbuntuには既知の問題が結構あるみたい。

Nexus7: What Kind of Bugs Are We Seeing the Most?

実をいうと、デスクトップの方はまだUbuntu12.10にアップグレードしていなので、自分のところではGoogle Nexus7が最初のUbuntu12.10機となってしまいました。

Unityランチャーにいつのまにか Amazon アイコン…

Comments (3)

Galapagosに感謝

去年の10月の終り頃、Androidタブレットのお試しとして Archos Internet Tablet なるものを海外の店に予約したんですが、待てど暮らせど全然入荷しません。

そのうちに Galaxy Tab も発売されましたが、Aznyan に搭載されてる Tegra2が本命! それまでの繋ぎとしては Archos がベスト! と考えていたので待ち続けました。

しかし、その後3度くらい再延期があってもう我慢の限界、結局キャンセルすることに…

すると、ちょうど良いタイミングでインド Notion Ink の Adam という Tegra2搭載タブレットの予約が始まりました。

以前の投稿で取り上げたことがあります。

これがまたArchos以上に色々ヤキモキさせてくれました。

本当に製品が出るのか、詐欺じゃないのか、等々様々な憶測が飛び交ってもう大変。

そんな風にもっぱらタブレットのことで頭が一杯で、最近 Ubuntu チェックしてません…

しかし、ようやっと今週になってその Adam が手元に届きました。これでUbuntuの方に目を向ける余裕が持てそうです。

上の動画はAcer の Windows Home Server 機の説明書を Adam で開いてるところ。

タブレットを活用するならそろそろホームサーバ必要かなと物色してたら安く出てたので購入してしまいました。

Ubuntuインストールしたいと思ってるんですが、まだ手を付けられずにいるので、これについては後日。

Adamに搭載されたPixel Qiディスプレイでバックライトを完全にオフにしたときの画面は、KindleやソニーのReaderのような電子ペーパーほどのコントラストがありません。

バックライト完全オフモードの使用場面はかなり限られると思います。

PQのメリットは、大抵の環境で輝度を相当抑えた状態でテキストが読めることなんじゃないかと。

例えばシャープの電子書籍端末 Galapagos の画面の明るさを低くしていくと、画面全体が徐々に黒っぽくなるように暗くなっていき、字を読むどこじゃなくなっていきますが、PQの場合はカラーの状態から徐々に色が抜けていく感じ。

ただ、PQは明るい方へ画面を向けるほど字は見やすくものの、Adamではその分画面に光が写り込むことになってジレンマ。

そこで、上の動画を撮った後 Adam本体に同梱されているマット仕様の液晶保護フィルムを反射低減のために貼ろうとしたんですが、何回も貼り直してるうちにフィルムにホコリが付いたりしてひどいことになり完全に失敗してしまいました…

貼った状態のときの画面で気づいたのは、貼ると輝度が高ければ高いほど画面のキメが粗くなるなるような表示になることですね。

バックライトの光がマットの模様で乱反射するからでしょうか?

動画や写真、カラー漫画の閲覧を重視する人は、普通の液晶モデルの方がよさそうです。

で、同梱のフィルムをなんとか使えるようにしたいんですが、マット仕様のフィルムは iPad用に出てるみたい。

しかし残念ながら Adam 画面全体の大きさには足りない。

ま、仕方ないなと思ってたら、ありました! ちょうど良いのが!

Galapagos 10.8インチモデル用のマット仕上げ保護フィルム!

いやぁ、助かりますね。いざとなったらこれがあるなと。

Galapagos 感謝です。

正月に家族で箱根駅伝を見てたらやたらCMしてて、CMのたびに「ガラパゴス? なんでガラパゴス? へんな名前」といった嫌そうな声が挙がりまくりましたが…

Comments (3)

らくらくテレビ

エコポイント半減効果大です。

なにせ、祖父母の家のTVもようやくデジタルになりましたから。

で、最近になってようやくパソコンというか、ネットで調べ物したりすることにも興味を持ち始めたみたいです。

パソコンなどがもっと分かりやすいように進化してれば、とっくの昔にTV買い替えてたはずなんですけどね。

現状、日本メーカーのSTBで一番その辺りがんばってるのは任天堂の Wii なんじゃないでしょうか。

選択肢がほとんどなさそうです。

で、どうしようってところ、来ちゃいましたね、アップルとグーグルによるお茶の間TVのスマート化が。

Google TV まだまだ色々問題はあるようですが、来年以降の進化に期待大。

Apple TV、公式ではウェブブラウズに非対応ですが、脱獄してサードパーティ製のブラウザ導入できちゃうみたい。

日本語入力はアイフォンなどからオーケーとか。Google TV に刺激を受けて一層進化しそう。

既存のブルーレイやHDDレコーダーなども早晩 Google TV などの機能を取り込んでいかざるを得なくなるんじゃないでしょうか。

ソニーも結局GoogleTV投入となりましたからね…

Vaioでマルチメディアパソコンを始めたとき、あ、来たなと、プレイステーション2向けのLinuxキットが発表されたとき、お、いよいよ Windowsを代表するPCから離れて家電向け独自OSに着手する気だなと、VaioとプレステとAV機器の一体化とうとう来ちゃうんじゃないのコレ、 などと思った時期がありました…

自分のTVはパナソニックなんですけど、「ビエラリンクでリモコンを1つにできます」とか、アクトビラ操作してたりすると、なんだか目から涙  T_T

年寄りにも楽々操作なテレビにするためにも、むしろスマート化は必須だと思うんですけど。

グーグルさんの開発の進行具合次第でしょうけど Google TV機と、あと個人的に Mirasol のような書き換えが高速なカラー電子ペーパーを使ったマルチタッチ画面Androidタブレット端末が Google TVリモコン用に欲しいんで、日本の家電メーカーさん早期商品化お願い。

ソニーさん、とりあえずGoogleTVリモコン改善よろしく。

 

コメントする

Malata T2

Tegra2 採用の Malata T2 が日本で発売するかもしれないという。

メモリ1GBのTegraタブレットが来週発売

これ、米国のシアーズ、kマート系のみで現在販売されてる Viewsonic G  Tablet とたぶん同じかと。

そして、Viewsonic から発売されたタブレットは、東芝の Folio 100 と同じじゃない?とも言われてる。

Viewsonic G Tablet は Luvpad と同様、素のままだとかなりダメらしい。

XDA-Developers では好評 ^^;

なので自分もなんとか輸入しようかと思ったんですが、ネックは HDMI 出力。

出力するのに、ドックが必要なんですよ…

東映無線が発売するという記事には

ただし、HDMI出力を使用するには専用ケーブルが必要と見られるが、製品にケーブルは同梱されていない。なお、同店がこのケーブルを入荷するかどうかは現時点では不明。

とありますが、これ東芝やViewsonicだと別売りドック。PDMI でもないらしい…

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=842095

Viewsonic はドックを今月終わりか、来月始めに発売するとか。

日本で同タブレットが買えるようになるのはうれしいですが、5万円は高いかなぁ…

米国399ドル(Modしないと快適にならないだけに返品多いみたい ^^ アウトレットで 270ドル)で G Tablet 買えるだけに。

 

コメントする

Older Posts »