Archive for devilspie

Active Desktop 風の効果 part3: 悪魔のパイ

悪魔のパイ(Devil’s Pie)はその名の通り凶悪なツールです。

ウィンドウの Type をサクッと変更しちゃうんですから。

前回前々回の投稿で CompizXwinwrap を使用した方法を書きましたが、この悪魔のパイCompiz の「ウィンドウの配置」および「ウィンドウのルール」プラグイン+Xwinwrap の機能の一部といった印象です。(Devil’s Pie の方が古くからあるみたいですが。)

具体的には、あらかじめ指定した特定のウィンドウに対して、大きさや配置位置、スティッキーや最大化等々の状態(state)、フォーカス、タイトルバーの有無、そして Desktop や Dock といった種類(type)などを設定することが可能です。

Compiz を実行していない環境でも、指定したウィンドウのタイトルバーを取り払って壁紙のような見た目に仕上げられるばかりではなく、ウィンドウの種類(Type)を直接変更できるという Compiz に実装されていない機能があるため、その指定したウィンドウを実質的にデスクトップの背景にしてしまえます。
(Compiz のスケール・プラグインのスケールモードの背景にきちんと表示されたり、Ghost プラグインを使用しなくても右クリックで Compiz-deskmenu が表示されたりします。)

しかも、Xwinwrap のような利用可能プログラムの制限は基本的にありません。(もちろん、今回のように一般のウィンドウを壁紙のように表示するという目的に照らせば自ずとプログラムは限られてきますが、ウィンドウの制御という意味ではあらゆるプログラムのウィンドウに Devil’s Pie を利用出来ます。)

Ubuntu では Synaptic から devilspie で検索してインストールしたり、以下のコマンドでインストールすることが出来ます。

$ sudo apt-get install devilspie

また、有志によって gDevilspie という devilspie の GUI フロントエンドが作成されていて、Download ページには Ubuntu 用の deb パッケージも用意されています。

Hardy 用と記載されていますが、Intrepid での動作を確認しました。

設定は、~/.devilspie ディレクトリ下に ds 拡張子の付いたファイルとして保存されます。

まずは、前回作成した Covarage3d_bg Screenlet のウィンドウを開き、続いて gDevilspie を立ち上げます。

rule-list

追加ボタン」を押して新しいルールを作成します。

ボタンを押すと下のようなルール・エディタ画面が表示されます。

続きを読む »

広告

コメントする