Archive for Screenlets

Active Desktop 風の効果 part3: 悪魔のパイ

悪魔のパイ(Devil’s Pie)はその名の通り凶悪なツールです。

ウィンドウの Type をサクッと変更しちゃうんですから。

前回前々回の投稿で CompizXwinwrap を使用した方法を書きましたが、この悪魔のパイCompiz の「ウィンドウの配置」および「ウィンドウのルール」プラグイン+Xwinwrap の機能の一部といった印象です。(Devil’s Pie の方が古くからあるみたいですが。)

具体的には、あらかじめ指定した特定のウィンドウに対して、大きさや配置位置、スティッキーや最大化等々の状態(state)、フォーカス、タイトルバーの有無、そして Desktop や Dock といった種類(type)などを設定することが可能です。

Compiz を実行していない環境でも、指定したウィンドウのタイトルバーを取り払って壁紙のような見た目に仕上げられるばかりではなく、ウィンドウの種類(Type)を直接変更できるという Compiz に実装されていない機能があるため、その指定したウィンドウを実質的にデスクトップの背景にしてしまえます。
(Compiz のスケール・プラグインのスケールモードの背景にきちんと表示されたり、Ghost プラグインを使用しなくても右クリックで Compiz-deskmenu が表示されたりします。)

しかも、Xwinwrap のような利用可能プログラムの制限は基本的にありません。(もちろん、今回のように一般のウィンドウを壁紙のように表示するという目的に照らせば自ずとプログラムは限られてきますが、ウィンドウの制御という意味ではあらゆるプログラムのウィンドウに Devil’s Pie を利用出来ます。)

Ubuntu では Synaptic から devilspie で検索してインストールしたり、以下のコマンドでインストールすることが出来ます。

$ sudo apt-get install devilspie

また、有志によって gDevilspie という devilspie の GUI フロントエンドが作成されていて、Download ページには Ubuntu 用の deb パッケージも用意されています。

Hardy 用と記載されていますが、Intrepid での動作を確認しました。

設定は、~/.devilspie ディレクトリ下に ds 拡張子の付いたファイルとして保存されます。

まずは、前回作成した Covarage3d_bg Screenlet のウィンドウを開き、続いて gDevilspie を立ち上げます。

rule-list

追加ボタン」を押して新しいルールを作成します。

ボタンを押すと下のようなルール・エディタ画面が表示されます。

続きを読む »

広告

コメントする

Active Desktop 風の効果 part2: Flash, HTML

そもそも Windows のみを使用していたとき、アクティブデスクトップ にまったく興味はなかったんですが、「Windows のアクティブデスクトップのように MappedUpswf 形式の Flash ファイルを壁紙にできないか?」という投稿を Ubuntu のフォーラムで見かけたのがきっかけで興味がわきました。

「Windows にはあるのに」、「Windows では可能なのに」、そんなフレーズが頭をよぎるから?  (;^_^A

MappedUp のサイトはこちら。RSS フィードをアニメーションを使って面白く見せてます。

結果はこんな感じ。

active-desktop-rotate-cube

まず先に、Compiz-Fusion を使用して Gnome 端末のウィンドウConky のようにあたかも壁紙に埋め込まれたかのようにデスクトップ上に配置する方法が、以下のリンク先で分かりやすく説明されているので紹介します。

英語:

http://www.ubuntu-unleashed.com/2007/08/howto-completely-transparent-shell-on.html

日本語:

http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0036

(英語サイトのコメントにあるように、「trans」は「trans56863」といった具合に念のためランダムな数字もつけておくとよいかもしれません。)

この方法だと基本的にアプリケーションの制限はないけれど、壁紙のような見た目等を考慮すると上の Gnome-Terminal のようにツールバーなしの外観に出来きることと、プロファイルの簡単な切り替えが可能か、もしくは普段使用しているアプリとは別のものを壁紙専用に新たに導入することが必要かなと。

FireFox は残念ながらこの条件に当てはまりません。兄弟アプリの Prism も下枠が太い・・・。

続きを読む »

コメントする

祝 Screenlets 開発者の復帰

Screenlets のメイン開発者の一人が突然離脱宣言をしたことを以前の投稿で書きましたが、その人が Perfect Clock for Linux という新しい Screenlet を引っさげて突然復帰したようです。:D

コメントする

Screenlets ver.0.1.2 リリースなど

いつのまにやら Screenlets の新しいバージョンが出ておりました。Ubuntu の場合は Getdeb から入手可能です。

メインの開発者さん曰く、とにかくバグを潰しに潰したバージョンだそうです。

で、その開発者さんなんですが、なんだか燃え尽きてしまったというか、

「おれはこんなに頑張ってるのに、お前らはなんであれこれ注文ばかりつけるんだ〜!」という状態になってしまい、

突然開発から離れる宣言してしまいました・・・。一体どうなる!?

話は変わりますが、Cairo-Dock のver.1.5.6 の正式リリース版のことを書き忘れてたと思っていたら、早くも ver.1.6 が近日中にリリースされる予定とのこと。

コメントする

Cairo-Dock ver. 1.5.5.4 と Screenlets ver. 0.1.1 リリース

Cairo-Dock と Screenlets の更新版が出ています。

(今まで日記帳、備忘録的に書いてたんですが、Ubuntu の新版が出てから他の方からのアクセスがあるようなので今日から突然敬体に変更 :D)

Screenlets 更新版の deb パッケージはこちらから、Cairo-Dock 更新版の deb パッケージはこちらからダウンロード可能です。

Screenlets ver.0.1.1 は ver.0.1 のバグ修正版とのことなんですが、前版では日本語で表示されていたのに今版ではなぜか表示されないという部分がちらほら・・・。 😀

Cairo-Dock の方もバグ取りが進んで、ver.1.5.5系は今回の ver.1.5.5.4 でようやく使えるようになったと思います。

更新後、 Cairo-Dock が起動しないなど不具合があるときは、隠しファイル属性になっている ~/.cairo-dock ディレクトリをチェックしてみてください。Cairo-Dock に関する設定のすべてはこのディレクトリにあります。

問題が解決できない場合は、このディレクトリを削除すると Cairo-Dock の初回インストール直後の状態に戻ります。

コメントする

Compiz Fusion 0.7.4 と Screenlets 0.1 がリリース

いきなり Compiz Fusion 0.7.4 がリリース。

翻訳についてフィードバックを受けた時点で修正しておいたのでそれが取り込まれたよう。

しかし、英語でいうとこのPlace Windows プラグインのwindows with fixed viewport の設定部分がおかしくなってると思うんだが自分の環境だけであろうか?

誰かが指摘して修正されるかと思ったがそのままリリースになってしまった。

後でフォーラム等で確認するつもり。

それと、Screenlets がメジャーアップデート。

翻訳に対応になった時点で少しづつ手をつけてあったけれど、

Launchpadでの翻訳が可能になった時点で様子見。

自分は普段あまり使ってないので他の人が翻訳するかなぁと思っていたけれどその気配がなく、0.1 を明日発表するなんて予告がいきなりフォーラムにあがるに至って思わず翻訳を投稿してしまった。結構やっつけ。

コメントする