Posts Tagged wacom

Wacom のLinux対応に希望。 いいかもそれで!

以前、酔っ払いながら Wacom について少々ひどいことを書いてしまいましたが、どうやらこれにはかなりの誤解が含まれていたようなので、まずWacom さんに謝らないといけません。申し訳ない。

Wacom の Linux 対応に失望。いいのかそれで!

何が誤解だったのかというと、メーカーとしての Wacom の Linux への対応。

Redhat の Peter Hutterer さんのブログでの説明によると、linuxwacom プロジェクトの中心人物である Ping Cheng 氏は Wacom の被雇用者であるとのこと。

Wacom はプロジェクトに協力的で、その貢献は貴重である、と最後に締めくくられています。そうだったんですか…

Wacom support in Linux

ところで、上のリンク先では Linux の Wacomドライバの現状と今後についてが説明されています。

この様な解説は自分のような超末端ユーザーにとってもありがたいんですが、Hutterer さんがこのタイミングでこのような投稿をした一番の理由は、有名サイト Linux.com のチュートリアル記事でとんでもない一文を見てしまったからみたい。

http://www.linux.com/learn/tutorials/347367-using-a-bamboo-tablet-with-ubuntu-1004

自分もBamboo P&Tを動かすにあたって最初のうちはカーネルドライバとXドライバの区別がついてなかったわけなんですが、これは… Hutterer さんがヤバイと思ったのも納得 ^^;

ただ、10年近く Linux 関連記事を書いてる人も迷うくらいですから、冗談抜きで、現状が改善することを一般ユーザーとしても望みたいところ。

Hutterer さんによると、linuxwacom プロジェクトの成果がようやく Henrik Rydberg 氏などによってカーネルに入りつつあるみたい。

(ただ、Ubuntu Maverick には間に合わないかと。その場合、wacom bamboo p&t を使用するには lucid と同様、カーネルモジュールを別途インストールしないといけない。)

カーネルの MT プロトコルを利用するマルチタッチ対応も来そうです。

wacom: Initial support for Bamboo

追記:Ubuntu maverick のカーネルにこんなパッチが適用されてます。Wacom Bamboo Touch というトラックパッド機能のみの製品はイケるのかも?

[APPLIED] Re: [PATCH] input: mt: Add support for the Bamboo Touch trackpad

追記#2:カーネルの MT プロトコルを利用するマルチタッチ対応も来そうというより、MTプロトコルを利用するように調整しないと、linuxwacom のカーネルモジュールのBambooシリーズに関わる部分のコードを Linux カーネルに取り込んでもらえない状況だったようです。

http://old.nabble.com/Wacom-Bamboo-Fun%3A-Pen-Touch-problem-to29455232.html

Wacom Bamboo Touch(CTT-460)を MTプロトコル対応にするパッチが本家 kernel.org に投げられてて、その様子を見ながら他のBambooシリーズへの対応に取り掛かるみたいなので、何もしなくても Bamboo Pen & Touch がすぐに使える状況になるには、もう少し時間がかかりそう。Wacom側を代表する Ping Cheng 氏とMTプロトコル側の人のやり取りはなかなか面白い。^^  Wacom based devices and the mt kernel protocol. 一般ユーザーの立場からすると、Ubuntu Magazine Japan の動かし隊で丸印が並びまくることを望みますよ Cheng さん。

Hutterer さんは Wacom のプロジェクトに対するサポートを褒めつつも、Wacomのカーネルドライバの開発がまず Linux のカーネルメーリングリスト外で行われるのはなんとかしたいなぁと。

この辺りの原因の大部分は「Wacom’s commitment to its customers」?にあるらしい。

あと、タブレットの設定は今のところコマンドラインツールの xsetwacom を使うのが標準なんだけれど、Bastien という人が Gnome設定ユーティリティを製作するそう。

製作にあたり、Gnome設定ユーティリティの UI の方を設計してくれる人を絶賛募集中なので、我こそはと思う人は Hutterer 氏に連絡を、だそうで。

きっと Fedora が真っ先にこのGUIツールを載せてくるんでしょう。

前回投稿にも書いたように自分は手始めに xsetwacom のオプションを xorg.conf に記述してみました。

タッチをオフにしたり、座標モードを変更したり、右利き左利きに合わせて向きを変えるなど、一部のオプションはタブレット全体に適用されます。

しかし、xorg.conf や xorg.conf.d/xxx.conf ファイルを通じた場合、Wacom タブレットのようにペンや消しゴム、タブレット本体のファンクションキーなど複数のツールがあるデバイスでは、個別のツールだけに割り当てる細かな設定はできないみたい。

なので、xsetwacom コマンドを記述したスクリプトファイルを用意して、ログイン時に自動実行させたり、タブレット接続直後に手動で実行させたりするのが現状では一番良いようです。

広告

コメントする

Ubuntu 10.04 lucid 向け Wacom ドライバ ppa

Wacom bamboo pen&touch タブレット、現在ほとんど放置状態。

もちろん linuxwacom のカーネルモジュールをコンパイルしてインストールすればXサーバ1.7採用の Ubuntu lucid でもペンが問題なく、例えば Gimp などで使えるんですが、カーネルにアップデートが来る度にモジュールをコンパイし直してやる必要があって面倒デス。

と思っていたら、Ubuntu lucid 向けに dkms 対応の linuxwacom カーネルモジュールパッケージを提供してくれる ppa があるそう。

Install the Wacom Bamboo driver in Ubuntu 10.04 (Lucid Lynx) using PPAs

ありがたや、ありがたや (-人-)

sudo apt-add-repository ppa:doctormo/wacom-plus
sudo apt-get update
sudo apt-get install wacom-dkms xserver–xorg-input-wacom

ついでに今回、コマンドラインの設定ツール xsetwacom のGUIフロントエンド Wacom Control Panel の ver. 1.16 を試してみたんですが、うーん、自分の環境では bamboo pen&touch の設定を完全にはできない感じです。

Wacom Control Panel

もう少し色々調べてみようかと思うんですが、取っ掛かりとして Linux Wacom Project の xsetwacom 解説ページを参照、ついでに下手な日本語訳。 xsetwacom ページ

ところで、lucid からアップグレードした自分の Ubuntu 10.10 maverick alpha3 に bamboo touch&pen を差してみたんですが、そのままだと動作せず、lucid と同じような感じです…

コメントする

Ubuntu lucid でちょっと動いた Wacom bamboo pen&touch

Linux Wacom Project を久しぶりにチェックしてみますと、linuxwacom リリース版として 0.8.6 が発表されておりました。

とはいえ、公式サイトに大きく書かれているように、カーネルは 2.6.35 まで、Xサーバは 1.6.4 までに対応となっているみたいです。

http://linuxwacom.sourceforge.net/index.php/main

Ubuntu lucid のカーネルは 2.6.32 だからこれはいいとして、Xサーバの方は 1.7.5 なんだけども、どうすればいいのか?

去年の終わりか今年の始めくらいだったでしょうか(10月のちょうど新bambooが出た辺りみたいです。http://old.nabble.com/linuxwacom-and-xf86-input-wacom-plan-ts25760339.html)、カーネルモジュールについては従来通り linuxwacom として sourceforge の方で管理するみたいなんですが、X.org 側のドライバの方は freedesktop.org で xf86-input-wacom として管理されるようになったみたいなんです。

この xf86-input-wacom はXサーバ1.7以降に対応していて、そのバイナリパッケージは xserver-xorg-input-wacom として Ubuntu lucid にインストールされています。

xf86-input-wacom はまだ新しくて、機能面で先行している linuxwacom の方から移植してるらしいので、 linuxwacom の方ですでに bamboo pen&touch 対応となっていても、現在 lucid にインストールされているドライバでは未対応です。

linuxwacom のXドライバはXサーバ 1.6.4 までということですから、Lucid では xserver-xorg-input-wacom を使うしかないかなと。

では、カーネルモジュールの方だけでも linuxwacom の最新版のものに入れ替えたらどうなるか?

それを試した人を発見。

http://frankgroeneveld.nl/2010/04/11/get-wacom-bamboo-fun-pen-working-in-ubuntu-lucid

情報に感謝しつつ、自分も試してみて、ペンは動きました。Gimp では筆圧も一応。

ただ、イレイサーは機能しないし、パッドのボタンとかタッチとか挙動が変。

ひょっとしたら、そこら辺は設定次第でどうにかなるのかもしれませんが、自分にはちんぷんかんなんで、ここまで。

ところで、リンク先のブログの人もこう書いてるわけです。

「忘れずに Wacom 公式サイトで製品登録しよう。使用OSとしてLinuxを指定できるから。大勢がそうすればサポートが改善するかも。」

(実際に見てみると Other しか選択肢がないような… 日本の公式ページの会員登録だと Win や Mac 以外に SGI とあるけどこれって何?)

思わず泣けてくるコメントです。T_T

Linux用ドライバの開発に携わってるコミュニティにもほんと感謝です。

Comments (2)

描き初め

Wacom 新Bamboo を Ubuntu に繋いで、初めてタブレットで絵を描いてみた記念。

干支の寅にちなんで、「しまじろう」もどき。

ほんと、小学校低学年が描いたような、こどもちゃれんじな絵ですね。

上手い下手以前のレベル…

ま、こんなひどい絵なんかどうでもよくて、肝心なのは Wacom Linux 用ドライバのこと。

linuxwacom ドライバの最新開発版 0.8.5-9 だとまだ動かない様子なんですよねぇ。

したがって、Ubuntu フォーラムにアップされてる 0.8.5-4 にパッチを当てたドライバをとりあえず導入。

Wacom Bamboo Pen and Touch Series Development

ペンとペンのボタンは機能するけれど、消しゴム機能やタブレットのボタンが働かない感じ。

タッチの方はとりあえずマウスポインターは動くし、画像のプレビューでピンチによる拡大・縮小ができてるっぽいのだけれど、非常にあやしい動作。

コメントする

Wacom の Linux 対応に失望。いいのかそれで!

以前に買った Bamboo Pen & Touch なんですが、なんだかんだで放置状態が続いております。

とりあえず Windows につなげばいいんだろうけれども、起動が遅くなってるのであまり余計なものをインストールしたくない…

そんな感じでいたら、丁度 Ubuntu Magazine Japan vol.2 で新 Bamboo の動作検証記事が掲載されてたわけなんですけど、しかし結果はどうやら芳しくなくて、特にタッチの認識に関してはまだ完全にバツとのこと。

この新Bambooに関してはペンを動作させるまで持っていくこと自体がめんどくさそう。

でもとにかく、Ubuntu のフォーラムで色々試行錯誤されていて、実にありがたいことに! 最近その成果が正式にドライバに組み込まれたみたいです。

http://linuxwacom.sourceforge.net/index.php/news

December 15, 2009 – Updated serial Tablet PCs support. Added 5 new Bamboo tablets support.

それでも、タッチの方が動くかどうかはよくわからない。

ドライバの開発者やコミュニティには本当に感謝なんですが、そもそもなぜこんな面倒なことになっているのか!

もちろん Wacom のペンタブが Linux に公式対応してないことは承知で購入したんですけど、ペンタブ分野においては Wacom って確か世界的なブランドでしょう?

Intel や Nvidia の Linux 対応は素晴らしいじゃないですか。新製品が出でもすぐ Linux で使える。

プリンターに関しては HP が世界トップシェアみたいですが、これも Linux の対応について一番評判がいい。

HP は PC のシェアもトップみたいで、Ubuntu プリインストール機を発表したこともあるし、Dell も同様にチャレンジしてる。

検索世界最大手の Google は Linux ベースの OS を発表。

Amazon の Kindle for PC は Windows 用のみだけれど、Wine を使えば大丈夫らしいし、ハードの方の Kindle 端末は Linux ベースらしいのでとりあえず許す。

おお、酒に酔ったいきおいで書いてるうちに、それぞれの分野でトップのところは、しっかり Linux にも目を配っている法則が見えてきた!

トップのところほど、その地位を磐石にするため色々布石を打ってるということなんだろうなぁ。

翻って Wacom はどうか。

例えば Wacom の日本語公式サイトに Linux の Li の字もない一方、英語サイトにだけ Linux 対応についての記述を載せているのは一体どういうこと?

一服するのに丁度いいと思って靖国神社に寄ったら、まるで「お前のようなバチあたりが来るところではない!八咫烏の怒り!」とばかりカラスの攻撃を頭に喰らったことがある自分が言うのもなんだけど、これはもう日本人を馬鹿にしているとしか思えない!

英語サイトの Linux 対応についての記述にしても、酔っ払いの脳内で妄想変換すると、なんだか Wacom の広報が「とりあえずプログラマに情報や試用機の提供だけはしてやる。あとのことなんか知るか。」と 鼻をほじりながら言ってる感じだ!

いや…、ちょっと待てよ。

Nvidia は確かに製品が Linux で動くことに関してはよいけれども、オープンソースコミュニティへの情報提供をしてるわけじゃない。

それを考えれば、秘密保持契約さえすれば情報提供してくれるらしい Wacom の方がマシかもなぁ。

うーん、でも自分のような末端ユーザーからすると、製品のフル機能が繋いで簡単にちゃんと使える方が大事なわけで。

じゃあ Nvidia はともかくも、Wacom と競合するようなところと比較してどうなのか?

最近 Linux のマルチタッチ対応に関してちょっと進展があった様子なんだけれども。

A Video To Show Off X.Org’s Multi-Touch Support

http://lii-enac.fr/en/projects/shareit/xorg.html

対応ハードにフランスの Stantum 社やイスラエルの N-trig 社の名などはあっても Wacom は含まれてない。

Wacom の方は既存のオープンソースドライバでまかなえるからかもしれないけれど、これはフランスの航空学校のプロジェクトで Stantum 社とコラボ関係。

Stantum 社はこういうことに協力するくらいだから Linux 対応はなんだか有望そう。

N-trig は周知のようにマイクロソフトから資金提供を受けてる。 HP の Windows タブレットPC に採用されてるし今後益々存在感が増してくるのでは。

こうして眺めてみると Wacom 包囲網は着々と築かれつつあるじゃないか!

Wacom は手を広げるためにそろそろ Linux 分野の開拓に自ら乗り出せ!早くしないと手遅れになるぞ!

っていうか Wacom 自体はどうでもよくて、とにかく今手元にある機器が簡単に Linux でフル機能使えるようになってほしい。

…まぁ、こんなわけわからんくだらないことを書いてるお前の方がいいのかそれでっていう話でした。

コメントする

Wacom Bamboo pen & touch 購入

Linux 用のドライバはまだ新Bambooに正式対応してませんし、Wacom は4フィンガー対応機を速攻で投入してくるような気がしなくもないけれど、結局買っちゃいました。

さてどうしよう‥‥

すでに色々試みてる人たちの情報を元に、なんとか動くところまでもっていこうと思ってます。

お金があれば Lenovo のタブレットの新モデルに飛びつきたいところですが、まぁ Windows7 のおかげでタブレットPCが続々と発売されて値段がこなれるのを待つつもりです。

その意味では Windows7 ぐっじょぶ!!来日中のリーナス氏も太鼓判 😛

コメントする

Wacom Bamboo touch & pen 検討

家電量販店はどうやら Windows7 販売の準備をしていて、アキバのカフェソラーレでもイベントの整理券配ってましたが、そうした慌しさを横目にマルチタッチに対応した Wacom の新 Bamboo の展示品をいじってきました。(Win7 の発売日はまったく頭になかったので、量販店で展示PCが大規模に取り払われてる光景に最初驚いた…)

タブレットは今まで使ったことないので、ペンでぐりぐりと線を引いたり、タッチでポインターの移動や左クリック、右クリックを試しただけです。

絵心はないので、もっぱらキーボード&マウスの代替としての操作デバイスとしての関心。

Cellwriter や Easystroke みたいなソフトの側が発展すれば、ペンタブレットって一般向けに必要十分な文字入力装置兼ポインティング装置になっていき、キーボード&マウスは利用場面が徐々に限定されてくるんじゃなかろうかと妄想してたりしてたりします。

Ubuntu 9.10 での採用には間に合いませんでしたが、Xinput2/MultiPointerX 対応のXサーバ 1.7 もリリースされたので、マルチタッチ(マルチポイント)にも興味。

現段階では新Bambooに完全対応というわけにはいかないみたいですが、ドライバの対応は着実に前進していて、

http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=1290251

Peter Hutterer さんや Easystroke 作者の Thomas Jaeger さんもがんばってるので近いうちになんとかなるかも。

http://www.nabble.com/-PATCH–wcmTouch-and-wcmTPCButton-should-be-distinct-properties-tt25754177.html

なので、たぶん新 Bamboo 買います。

コメントする